雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

2020.04.04 人に贈ること

今週のお題「オンライン」

最近、友人が出産したり、主人が誕生日を迎えるなど、なにかと贈り物をする機会が増えました。

また先日は親友に贈るためにヒプマイグッズをお迎えしました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

友人の出産祝いと主人の誕生日プレゼントはネタバレ防止のため載せないでおきますが、それぞれに想いをこめたつもりです。

新型コロナウイルスにより、お店でじっくり品物を選ぶということはなかなかできませんが、そこはやはりオンラインショッピングの強みですね。

 

今回は諸々の都合もあって楽天ではなく、amazonをチョイス。

ギフト包装してもらうのに都合がいいというのが大きなメリットですね

友人の赤ちゃんは女の子ということで、ギフト包装の色はピンクをチョイス。

f:id:snowrabbit21:20200404180229j:plain

以前は赤・緑・青の三色だった記憶があるのですが、色が増えたようですね。

タイトルは秘密ですが、文芸サークルの同期ということもあり、絵本を贈ることにしたので、おそらく一番手前の包装になるのだろうなと思います。

メッセージをつけられるのも利点のひとつですね。

いったん手元に引き取ってから送るのだと、やはり手間になってしまうので、amazonで住所を指定して送るのは理にかなっているなと感じます。

 

f:id:snowrabbit21:20200404180212j:plain

主人には主人の好きな赤いギフト包装をチョイス。ゲームということは明かしていますが、タイトルは秘密です。ゲームソフト一本なので、こちらも手前の包装になると思います。

「まさか雪兎からゲームがもらえるなんて思わなかったよ」と云われましたが、外出自粛要請もあって、家で過ごす時間が増えるのは、主人にとってストレスだと思うので、気分を発散できるようなものを選びました。ちなみにリングフィットではありません。

主人はスマホゲーではなく、古き良きコンシューマーゲーマーなので、プレイしているところを観て私も楽しめるのがありがたいです。

ちなみに主人が前から欲しいと云っていたタイトルは、そのうち自分で買うだろうなということでチョイスから外しました。

あとは気に入ってくれることを祈るばかりです。

 

このように人にモノを贈るのはやっぱりうれしいものだなと思います。

自分で買うだけだと満たされない心の場所が、人に贈ることで満たされるような気がします。

出産祝いも、誕生日プレゼントも、贈るのは何も特別なことではないのですが、こうしてコロナウイルスで気がめいっているときに、誰かのことを想って品物を選ぶひとときは、もっと大事にしたいです。

 

ちなみに私が最近オンラインで買ったものは……このラスト一冊です。

www.editions-treville.net

山本タカトさんは学生時代からのファンで、出会いのきっかけは、小学生の頃に学校の図書室で出会った『南総里見八犬伝』でした。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

南総里見八犬伝(第1の物語) 妖刀村雨丸 [ 滝沢馬琴 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/4/4時点)

楽天で購入

 

 圧倒的な美しさと浮世絵風のタッチに引き込まれた感覚を今でも覚えています。

新宿の紀伊国屋画廊での個展にも足を運び、サインを入れてもらう際に本名を褒めていただけて大変うれしかったです。

f:id:snowrabbit21:20200404182527j:plain

f:id:snowrabbit21:20200404183155j:plain

そういうご縁もあり、また吸血鬼モノを書こうと思っているところなので、『ノスフェラトゥ』もいつかお迎えしたいと思っていたので渡りに船でした。

今から届くのをとても楽しみにしています。

なんと萩尾望都さんも寄稿なさっているとのことで、そちらも小学生の頃からの萩尾望都ファンとしては要チェックですね。

実は半分ぐらいは鏡花×山本タカトコラボの『草迷宮』の特装本を入手できなかった無念が何年経っても心から離れないということもあったのですが……。

こちらは普及本です。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

草迷宮 (Pan-exotica) [ 泉鏡花 ]
価格:3630円(税込、送料無料) (2020/4/4時点)

楽天で購入

 

 

 

 

それにしても今回のコロナ禍は、各国の出版業界にも打撃なようですね。

www.bunkanews.jp

 

www.recordchina.co.jp

実際に私がフォローしている古書店やたびたび通ってきたアップリンクもつらい心境を明かすツイートを投稿していらっしゃいました。何度も足を運んだ山種美術館も臨時休館するとのことです。

収入が限られている以上、私にできることはそう多くはないのですが、こうして少しでもエンタメ産業に貢献できればという想いもあります。

 

 

 

今は自分にできる範囲で応援できるといいなと思っています。

まだまだこの状況は長引くと思いますし、東京は平穏無事とは真逆の状態になってしまっていますが、それでも少しずつでも経済を回して、日本文化の持続と発展に貢献できればと考えています。