雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

2020.06.09 病弱専業主婦の夏のサバイブ術

夏場は私にとって鬼門です。

例年、3月〜4月まで死んでいて、5月でちょっと回復して、6月〜10月あたりまで死んでいます。ちなみに12〜2月あたりまでは冬季うつで死んでいます。年中つらいです。

「死因」は色々とあるのですが、主にメンタル系の持病と、低血圧が原因です。

低血圧の診断は、心療内科の医師が血圧計で血圧を測って示してくださいました。

どうやら向精神薬を服用すると、副作用で血圧が下がることがあるらしく、また主治医によれば、低血圧によってメンタルの不調を訴える人も多いようです。

 

私は特に夏場にこの低血圧の症状が重くなり、 ひどい時はまともに起きていられません。体を布団に縫いつけられているようにだるくなり、また頭も苦しくて、人と話す気力もないということが多いです。

そうなると、もう美容どころではなくなるので、お化粧もできず、運動もできず、自己嫌悪に駆られてしまいます。もちろん家事も、読書も、そして創作も満足にできなくなってしまいます。

そこで医師のアドバイスを元に、自分なりに対処法を考えてみました。

 

 低血圧対処法

アイスコーヒーを飲む

これは主治医からアドバイスされたことで、アイスコーヒーによって血圧が上昇するようです。

アイスルイボスティーや水など、他の飲み物でも試してみましたが、アイスコーヒーが一番効果がありました。どうやら調べてみると、カフェインが効果的なようです。

アイスコーヒーは夏の我が家には欠かせない飲み物なので、きちんと常備しておきたいです。

 

冷水で洗顔する

洗顔はぬるま湯でするのがベストですが、主治医から「低血圧には冷たいシャワーを浴びるといい」と聞きました。

さすがにそういう根性はないですし、毎朝冷たいシャワーを浴びるのは大変なので、せめて洗顔する時に冷水を使おうと思います。

起きて冷水で洗顔をしたところ、症状が改善して、こうして記事を書ける程度には回復しました。

 

できるだけ睡眠時間を確保する

昨日の夜更かしが祟って、今朝は最近だと一番体が重苦しかったです。

メンタルの調子が悪いと、どうしても夜更かししがちになってしまいますが、そういう時に意識を切り替えて、おのずと寝る支度ができるナイトルーティンを取り入れるといいのかなと思います。

ちなみに私は寝る前には日記を書くのがルーティンなのですが、体力気力の消耗が激しくて日記が書けないと、一日が終わった感じがしなくて、いつまでも起きていてしまいます。

他に何かルーティンになるものを持っておくと安心だなと実感しています。

オフラインでどこでもできることや、疲れて元気がなくても行えることがいいですね。

私が取り入れたいのは

  • ハンドクリームを塗ってハンドケアをする
  • ストレッチをする

など、できるだけ自分の体をいたわれること。

ストレッチは一時期やっていたのですが、なかなか続かなかったので、この機会にまたはじめてみようかなと思います。

体を柔軟にすることで、寝つきも良くなりそうですし、穏やかな気持ちで眠れそうです。

  

スローステップ運動をする

以前から紹介しているスローステップ運動も、低血圧には効果的なようです。

www.healthcare.omron.co.jp

一般に低血圧の人は、脚や手などの末端部の血管の収縮力が弱く、血液の循環が悪くなりがちです。つまり、末端部の血液が、心臓にうまく戻らないのです。それがむくみの原因にもなります。
脚の場合、血液の循環に大きな役割を果たしているのは、ふくらはぎの筋肉です。
ふくらはぎの筋肉を鍛えるには、ウォーキングや階段昇降が効果的です。ウォーキングは、頭痛や肩こりのときには気分転換にもなります。ただし、早歩きをすると動悸や息切れを起こしやすい人もいます。その場合には無理をせず、散歩のつもりでゆっくり歩きましょう。
なかなか時間がとれない人なら、自宅での階段昇降もいい方法です。階段といっても、急な階段を上り下りするのは危険なので、玄関の段差など1段だけを利用します。
転倒しないように壁などに手を添えて、1段を上り、後ろ向きに下ります。年齢にもよりますが、50~100回を目安にゆっくり取り組みます(時々上るときの脚を左右入れ替えます)。
この運動自体が血液循環をよくしますが、ふくらはぎに筋肉が付くことで自然に脚の血液循環が改善され、むくみの解消にもつながります。

 


 

ここのところサボりがちだったのですが、低血圧に効果があるなら、再び再開してできるだけ続けられるようにしたいです。

私がスローステップ運動を続けるモチベーションは、健康や美容のためというのもあるのですが、もっと単純に「この踏み台を置物にしてなるものか」という、踏み台そのものへの謎の愛着と使命感にあるので、今後も置物にしないように、ちゃんと活用してあげたいです。

 

無理をしない

他の季節に比べて、夏場は暑さもあり、疲れやすさも段違いです。

いつもよりキャパシティが小さくなっていることを自覚して、普段より活動量を抑えたり、できるだけ動線を意識して、最小限の動きで物事を片づけたり、ネットショップをうまく活用するなど、自分にとって比較的生活しやすい方法を把握しておくのも大事です。

snowrabbit21.hatenablog.jp

snowrabbit21.hatenablog.jp

すべてを完璧にこなすのは無理があることを把握した上で、できるだけ心地よく暮らせる方法をこれからも考えていきたいと思います。

 

 

夏のご自愛美容法

 以前、ご自愛美容法については記事に書きました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

 

夏場は体調が安定しないことが多くて、お化粧もままならず、こちらで紹介した美容法がメインになりそうです。

そういう時に自己嫌悪に陥るのではなく、前向きに美容と向き合うために、これにプラスして、美白ケアを取り入れようと思います。

上の記事に載せているdプログラムの商品は、残念ながら肌がピリピリしてしまって、肌に合わなかったので、スキンケアではなく、日焼け止めを活用して美白ケアができればいいなと考えています。

 

フェイスケア

UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ


 

上の記事を書いてから、実際にほぼ毎日使っていますが、乳液のように肌なじみが良く、せっけんで落ちるほど肌への負担が少ないので、元気のない日でも手軽にUVケアができます。

今年の上半期ベストコスメはまた後日ご紹介しますが、その中にも間違いなくランクインするほど欠かせないアイテムです。

 

ボディケア 

マザー&ドーター・UVボディ&フェイスジェル


 

 

私はこちらのツイートとLIPSの口コミを参考にして購入しました。 

 

lipscosme.com

 

実際に使ってみると、日焼け止め特有の肌のつっぱる感じがなくて、自然なつけ心地です。日焼け止めを塗るのはあまり得意ではなかったのですが、これなら続けられそうだなと実感しました。

ポンプ式なのも使い勝手が良くて、テクスチャーもしっとりとしていて伸びがいいので、ストレスなく塗れます。

塗ったあとの肌を触ってみても、しっとりとしていて、ほのかにファインシトラスの香りがします。

私は家にいる時間が長く、家の中の範囲でUVケアができればいいなと思っていたので、まさにぴったりな商品でした。