雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

SNS断食によって身についた良い習慣

SNS断食によって、身につけたい習慣がいくつか叶えられました。

具体的に挙げていきます。

 

読書

SNS断食によって時間が増え、余った時間を読書に充てられるようになりました。

最近はGoogleカレンダーで読書をした日に記録をつけるようにしています。

これのいいところはぱっと見てモチベーションがUPするところと、SNSを利用しなくても記録ができるところです。

f:id:snowrabbit21:20200721190939p:plain

二週間続けて読書ができたところで記録が途切れてしまったので、ふたたびがんばりたいです。

2008年から続けていた読書メーターは退会しました。

一々感想を書きこむためにスマホを見なければならないのもストレスでしたし、TLもほぼ追っていませんでしたし、いただいたナイスの確認もしていなかったので、もっぱら自分の記録用として使っていたのですが、アナログノートがあれば代用できます。

冊数に関してはGoogleカレンダーのメモを活用すればカバーできるので、大して負担にならないかなと。

参考にしたのは主人です。

彼は読んだ本のタイトルと簡潔な感想をスマホのメモで管理しているそうです。

私は気が向いたときだけアナログノートに感想を書くようにして、あとはタイトルだけを書き込むようにするつもりです。

下半期に50冊読むと決めて、7/22現在30/50冊まで来ました。

中には漫画も含まれますが、これはカウントに入れることをはじめから念頭に置いていたので、問題ないかなと。

課題としては読みやすい本ばかり手に取ってしまうことですが、まずは読書を習慣化することが目的なので、気分に応じて本を選ぶのもまた良しとしたいと思います。

 

入浴

発達障害に加えてうつ病を患っているので、お風呂はずっと課題でした。

しかしこれもSNS断食によって時間を自分のために使えるようになり、SNSにいつまでも張りついてしまうということがなくなって、スムーズにお風呂に入れるようになりました。

もっとも私は低血圧でめまいを起こしやすく、二度ほどお風呂で転倒しているので、医師の指導により、湯船にはつからずにシャワーを浴びています。

湯船につかると時々メンタルが不調になってパニック状態に陥ることもあったので、シャワーでいいと決めてからは気持ちが楽になりました。

毎日入浴するのは到底無理だと思っていたのに、今では夜になるとバスタイムが恋しくなります。

お風呂上がりのスキンケアやボディケア、ヘアケアの時間も至福のひとときですし、今ではお風呂が大好きです。

 

皿洗い

これまではなにかと溜めてしまいがちだったのですが、お茶の前にお皿を洗うことを心がけるようにして、ストレスから解放されました。

主人が「お皿が二、三枚でも洗おうね」と言葉がけをしてくれたおかげで、多少体がだる重くてもこまめにお皿を洗えるようになりました。

食洗機も持っていますが、最近はあまり使っていません。

最近はお風呂同様、お皿を手で洗うことも楽しくなってきて、SNS断食をしてよかったなと思っています。

またカロミルの運動の家事の項目を登録するのも楽しくて、ゲーム感覚で皿洗いを実践できているなと感じます。

 

今後身につけたい習慣

習慣を改善することは、人生そのものを改善していくことにつながっていきます。

今後も引き続きこれらの習慣を続けながら、さらにQOLの改善に励んでいきたいです。

具体的に挙げてみると

  • 運動
  • 創作
  • 自炊
  • SNSのみならず、スマホ自体を見る頻度を減らず

などです。

 

自炊は体調の良し悪しに左右されるので、なかなか続けられずにいます。

運動は最近サボってしまいがちなので、これも記録をつけるなど、モチベーションをUPさせる方法を取り入れたいです。

創作はSNSを離れてからなかなか意欲が湧かなくなってしまいましたが、読書を続けていれば、自ずと書きたい気持ちも出てくるはずなので、小説をできるだけたくさん読みたいと考えています。

スマホの利用時間は、体調の悪い時にはどうしても増えてしまいがちです。

この場合はアナログノートにアウトプットをするなど、代替物を利用して改善していければと思います。