雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

30代になったら続けたいこと

現在29歳で、今年の12月で30歳になります。

女性にとって30歳は節目の年といいますし、専業主婦ではありますが、私もこれを機に自分を見つめ直してみたいと思います。

ここでは主に引き続き継続することについてまとめています。

振り返ってみると、30代の私は遠い未来の自分ではなく、今の自分の地続きのところにいるのだという実感が湧いてきました。

今日の私が明日の私を作るのだという意識で生活を送っていきたいです。

長くなるので、目次からお好みの項目に飛んで読むことをおすすめします。

 

 

下着にお金をかける

30代になると、いよいよエイジングケアがはじまります。

体型を維持することはなかなか難しいですが、下着をきちんと選ぶことは、自分自身をいたわることにもつながります。

私は幼少期からずっとワコールで下着を買ってきました。

store.wacoal.jp

一時期はルームブラを日中も使っていたことがありましたが、肌に合わず、今はワコールのダブルベーシックというシリーズのノンワイヤーブラを使っています。

夜中のナイトブラは使わずに、日中のブラを毎日使ってバストケアができるといいなと思っています。

今は食生活の改善によって、おなかの調子もいいので、かわいいショーツも気兼ねなく選べるようになりました。

今後ともワコールのお世話になっていきたいと思っています。

 

UVケア・保湿ケアをきちんとする

紫外線は大敵なので、できるだけ毎日UVケアをして、スキンケアにも力を入れたいです。

メイクアップコスメよりも、今後はスキンケアを重視したいなと思っています。

もちろんメイクのモチベーションを上げてくれるアイシャドウも大好きですが……。

Twitterの美容垢をやっていたときにちょっと買いすぎてしまったので、しばらくは手持ちのアイシャドウを楽しむ予定です。

エイジングケアに直結するのは日々のケアに他ならないので、未来の自分への投資と思ってがんばります。

スキンケア・ボディケアに関してはこちらに具体的にまとめています。

snowrabbit21.hatenablog.jp

 

こまめな水分補給

もともと服用している薬の関係で口が渇きやすいので、こまめな水分補給は心がけているのですが、どうしてもお茶などが多くなってしまっていたので、できるだけお水を飲むことを心がけたいです。

さっそくここ数日はじめていて、体調がすぐれないときも、お水をいただくとちょっと安心します。

我が家では二年前の同棲当初からクリンスイ浄水器を使っています。 

 

 

 

ミネラルウォーターを箱買いするのはあまり現実的ではないので、今後も浄水器でお水を摂取していきたいと思います。

 

こまめな水分補給には水筒があるとなにかと便利です。

私は無印良品のものを使っていますが、主人にプレゼントしたサーモスの水筒は好評だったので、サーモスをおすすめします。 

 

 

食生活の改善

インナーケアはエイジングケアに直結していきます。

私はSKⅡやポーラなど高い基礎化粧品を使える身分ではないので、日々のスキンケアと合わせてインナーケアに気を配りたいと考えています。

これに関してはカロミルさまさまです。

snowrabbit21.hatenablog.jp

今後ともカロミルを活用して、食物繊維を中心に、できるだけ野菜を普段の食事に取り入れたいと思っています。

ちなみに最近はこんな感じです。

f:id:snowrabbit21:20200723160613j:plain

f:id:snowrabbit21:20200723160625j:plain

f:id:snowrabbit21:20200723160639j:plain

f:id:snowrabbit21:20200723161123j:plain

ここのところ料理ができずにいたのですが、昨日は義母さまからいただいたお野菜でサラダを作りました。

野菜たっぷりなメニューになって良かったなと感じています。

体調がすぐれず、お惣菜に頼ってしまうこともありますが、そうしたときには主菜にサラダチキンを選んだり、オーガニックサラダをプラスしたりして、できるだけヘルシーな食生活を心がけています。

主人とも「野菜を摂る」という意識を共有しているので、お使いを頼んでもサラダを買ってきてくれるのがうれしいです。

f:id:snowrabbit21:20200724153940j:plain

朝食や昼食で食欲がないときや、あまり気力がないときにも、トップバリューのこんにゃくとわかめのサラダや、冷凍野菜のブロッコリー、オクラなどを利用して野菜を摂るようにしています。

小ネギは常備しておいて、彩りを添えたいときや、野菜を摂りたいときに手軽に使えるように心がけています。

f:id:snowrabbit21:20200724154304j:plain

f:id:snowrabbit21:20200724154247j:plain

 おかげで腸内環境が少しずつ整ってきたのか、おなかの調子が前よりも良くなって、QOLも上がったと実感しています。

今後とも野菜を摂ることを意識した食生活を続けたいと考えています。

 

SNSは使わない

これに関しては経過を以下に綴ってきました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

snowrabbit21.hatenablog.jp

snowrabbit21.hatenablog.jp

結果的に大きくまとめると次のようなことにつながっていくと感じています。

 

うつを悪化させないようにする

SNS断食によって抑うつ感や孤独感はかなり軽減しました。

 これについてはまた別途記事にまとめたいと思います。

うつを患って一年、医師からも経過は良好との見立てをいただいています。

今後ともSNS断食を続けてさらにメンタルケアをしていければと思っています。

またメンタルの状態を落ち着かせておくこと美容にも欠かせない要素になります。

できるだけストレスを溜めないように、引き続きストレスケアを実践しながら生活していきたいです。

snowrabbit21.hatenablog.jp

 

読書(学びつづける)

SNS断食のおかげで読書の習慣化を目指せるようになりました。

今年下半期の目標は50冊ですが、すでに30冊の本を読んでいます。

目標の上限をUPさせるのもいいかもしれませんし、来年はさらに多くの本を読めるように目標設定をしたいです。

年齢を重ねても学びつづける姿勢を大事にしたいと思っています。

もともと勉強することは大好きなので、何事も日々勉強と思ってさまざまな本を読んでいます。

これと目標を定めて勉強するというよりは、その時々で選んだ本から学ぶヒントを得て、次に生かしていく方が私には合っているのかなと感じます。

興味があちらこちらに移ってしまいがちなので、無理なく、そして楽しみながら多くのことを学んでいきたいです。

 

今特に関心があるのは「習慣」にまつわること。

習慣を続けていくための秘訣を知りたいと思い、以前主人に借りて読んだ本を注文しました。 

 

具体的なメソッドが載っていた記憶があるので、ぜひ糧にしたいです。

SNS断食も早二週間が過ぎ、今ではTwitterを見たいという欲求もなくなってきましたが、中だるみは怖いところです。

今のうちに備えておきたいなと思っています。

 

それからこちらも気になる本。

SNS断食にともなってインプットを紙ベースにしたので、そのモチベーションUPのために購入しました。

 

 私は専業主婦ですが、こうしてブログを書いたり創作もしたりしている人間なので、ビジネス書は何かと役に立つのです。

 

友人や家族を大事にする 
 

 

 

この二冊の本を読んで、身の回りの人々を大切にすることの重要性を学びました。

人間の幸福度は人間関係で決まるそうです。

『デジタルミニマリスト』に記されていたように、テキストメッセージではなく、電話やSkypeでやりとりすることや、『最高の体調』に記されているように、できるだけ話す頻度を増やすことを心がけようと思います。

これまでの私は、どちらかというと年に数回友人に連絡すればそれで充分だと考えていました。

もちろん親しい友人はそれでも付き合いを続けることができていますが、そうでない友人もいたので、できるだけこちらから積極的に声がけをしていきたいです。

学生時代は自分からばかり連絡をしていることに悩んだりもしましたが、今は自分はそういう星回りなのだと割り切っています。

多少手間をかけながらも、友人関係が続けられるのなら、それに越したことはないのです。

 

自分のことも大切にする

10代20代前半の私は自分のことが大嫌いでした。

それでも自分のことを大切にできるようになったのは、SNS断食のひとつの効果でもありました。

ネット上の見知らぬ他人の意見が氾濫している状況に身を置くと、自分をうまく愛せなくなってしまいます。愛情が過剰に傾いてしまったり、逆に自分の心を傷つけてしまって、自分のことがますます嫌いになってしまったり。

 誰かと比較して落ちこんだり、自分よりも若い人がうらやましくなってしまったり。

そういう気持ちはどうしても人を老けさせてしまう気がします。

SNS断食を経て、私は今までよりも自分のことが好きになりました。

美容垢から離れることで、美意識が下がってしまったらどうしようと思っていましたが、逆に美意識は毎日磨かれています。

そのことについてはまた別途記事にできればと思いますが、SNS断食を経てもっと美しく年齢を重ねることができたなら、それに勝る喜びはないと感じます。