雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

さりげない気遣いで人をもてなす

今日は天気が悪く、低気圧が迫ってきていたこともあって、主人も私も調子が下がり気味な一日でした。

なんだか気分も上がらないし、自分の不調にフォーカスしてしまって、どんよりとした気分で半日を過ごしました。

というのも、シクレストの増薬(10mg→20mg)が決まって、「減薬は難しいですね」と医師に云われて、この先もずっと精神疾患と付き合っていかないといけないのかなぁと不安に駆られていたのです。

作家になるという夢も諦めなくてはいけないだろうし、コロナ禍ということもあって、なかなか希望を見出せずにいました。

 

そんな中でも久しぶりに親友に連絡を取って、アニメやゲームの話をしていたら、だんだん気分が乗ってきて、やっぱり二次元コンテンツに触れることが、今の私を支えているのだなぁと感じます。

私は今すみっコ農園に夢中ですが、親友はFGOにハマっているとのこと。

FGOには前々から気になるキャラが何人かいて、私もやってみようかなという気持ちになりました。

 

そうしたことを主人とも話したくて、またいただきものの高級ブランドの苺が残っていることを思い出して、「お茶にしませんか?」と主人を誘いました。

どうやら主人は部屋でぐったり寝ていた様子でしたが、応じてくれました。

f:id:snowrabbit21:20210117195405j:image

お茶は主人の好きなルピシアダージリン1stフラッシュをチョイス。

苺ともマッチしてくれます。

大粒の苺は本当に美味しくて、いただきものとして主人と大切に味わいました。

 

主人もぐったりしている様子ですし、お茶の席での話題はできるだけ明るいものを選ぼうと、ゲームのことが中心になりました。

先日予約した牧場物語をはじめ、FGO、すみっコ農園のことなどなど。 

 

 「農園系のゲームでイケメンが出てくるものがないかなぁ」と話して検索したところ、ちょっと怪しそうなゲームしか出てこなくて断念したり、婚活×農園ゲームを発見して、「これじゃ浮気になっちゃうよね」と冗談半分に話したり。

 

それからかねてからFGOで気になっているキャラを挙げてみたり。

FGOでは桜ちゃんが断然気になるので、おそらくイケメンキャラよりも女の子が好きになるだろうなという予感があるのです。

ほぼ無課金勢としてソシャゲをプレイしているので、どこまで楽しめるかわからないのですが……。

ちなみに衣装欲しさに、すみっコ農園には時々課金しています。

課金した分の効果は得られているのと、そう頻繁に課金するわけではないので、今のところすみっコ農園とはほどよい距離感で付き合えています。

FGOはその辺りはわりと容赦がなさそうなので、ちょっとためらってしまう気持ちもあるのです。

 

そうしたことを主人と話しているうちに、だんだん主人の心もほぐれてきたのが伝わってきて、「これもほんのちょっとした内助の功なのでは……?」と少し自分を褒めたくなりました。

主人の元気のない時でも、こうして少しでもお役に立てれば、これほどうれしいことはないなと思います。

大げさに気遣ったり、あまり心配しすぎても、かえって主人の負担になるかもしれないので、こうしてお茶に誘ったり、自分にできる範囲で明るい話題を持ちかけたりして、さりげない気遣いをしながら、主人の機嫌も、自分の機嫌も、うまく取れるようになりたいです。

 

同時並行で親友とおすすめアニメについてLINEで話していて、先日観ハマっていたまどマギを勧めたのですが、鬱展開は無理とのことなので、すみっコぐらしの劇場版を勧めました。

 

 

予告編も載せたところ、「これなら観れそう」とのことで、感想も送ってくれるそうなので今から楽しみです。

我が家はこの劇場版からすみっコぐらしにハマったので、彼女もハマってくれるとうれしいなと思います。

大人が観てもしっかり楽しめる作品ですし、推しを見つける楽しみもあるので、気に入ってくれることを願っています。

 

こうして30代になってもアニメやゲームの話ができる主人や友人がいて、私は幸せ者だなぁと感じます。

まだまだオタクとしての熱は冷めそうにないので、これからもいろんなコンテンツに触れながら、主人や親友と仲良くしていければいいなと思ったのでした。