雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

レコーディングダイエットに成功しました

 

はじめに

薬の変更でセロクエルを飲むようになり、その前後から体重が1kg増えて、47kg台になりました。

私は適正体重を46kgと決めているので1kgオーバーです。

結婚式を秋に控えているのに、これはよろしくないということで、レコーディングダイエットをはじめました。

できるだけこまめに毎朝体重を測り、日々iPhoneに記録をつけました。

すると体重は47.2kg→45.9kgに、体脂肪率は26.9%→26.5%に下がりました

 

体重

6/12

f:id:snowrabbit21:20210701104216j:plain

 

7/1

f:id:snowrabbit21:20210701104229j:plain

 

体脂肪率 

6/13

f:id:snowrabbit21:20210701104148j:plain

 

7/1

f:id:snowrabbit21:20210701104202j:plain

 

 

経過

経過を見てみるとこんな感じです。

6/12

f:id:snowrabbit21:20210701103942j:plain

 

6/10

f:id:snowrabbit21:20210701103951j:plain

 

6/15

f:id:snowrabbit21:20210701104001j:plain

 

6/16

f:id:snowrabbit21:20210701104012j:plain

 

7/1

f:id:snowrabbit21:20210701104021j:plain

こうしてみるとだんだん落ちていっているのがよくわかります。

BMIが下がるのはやはりうれしいですね。

 

心がけたこと

私の場合、病弱なため運動が苦手で、なかなか思うように運動をつづけられずにいるので、せめて食生活には気を配ろうとしてきました。

 

おなかが空いていないときには無理に食べない

もともとそんなにたくさん食べる方ではないのですが、うつもあって食欲が落ちることがここのところ多く、たまたま検索していてこちらのサイトに出会って、無理に食べなくていいのだなと思えるようになりました。

www.tbsradio.jp

〇体調が悪いと、食が細くなりますが、がんばって、食べた方がいいんでしょうか?
・種々の病気にかかったとき、食欲不振に陥ったとき、食をストップさせて胃腸に使われるエネルギーを病気の治療のほうにまわそうとする本能が働きます。また、食物を摂らないでいると、血液中の白血球も空腹になり、体内の老廃物や病原菌、がん細胞をたくさん食べるようになります。つまり、免疫力が上がるのです。
【体力の無い方】【高齢者】は、少しでも元気になろうと、食欲を落としています。体力が無いのに胃腸だけは旺盛な力(消化力)がある、ということは考えにくいです。

 

〇“元気が無いときは、食べなきゃ”と思う方も多いと思います。それは、逆効果ということですね?
・食欲の無い方に、無理強いすると、胃腸を壊し全身がさらに弱ってきます。人間の胃腸は、植物の根っこの部分にあたり、植物は栄養を吸収する根がダメになると、全体がダメになります。人間も同じです。
体力が落ちている方、高齢者で食欲の無い方には、食を無理強いせず、むしろ「温かい水分」と、「糖分」が良いです。胃腸に消化の負担をかけず吸収させるには、「黒砂糖」「ハチミツ」入りの生姜湯、生姜紅茶がおすすめです。

 

また以前読んだこちらの記事も参考になりました。

style.nikkei.com

「洋服や化粧品と同様、食習慣も年齢とともに変化するのが自然です」(管理栄養士の伊達友美さん)。「おなかがすいたときに食べ、満腹になったら残すのが大人の食べ方。食欲が湧かないときは1食抜いてもいい。体が欲する自然な食べ方をすることで体形も引き締まります」

私は基本的にごはんは少なめに盛って、おなかがいっぱいになってきたら、おかずを中心にいただいて、ごはんは残すようにしています。

 

なお、こちらの本によると、欠食したあとには炭水化物を摂らないことも大事なのだそうです。 

私は食欲がないときには無理に食べず、そのあとでおなかがすいてきたら後述するミックスナッツなどをいただいています。 

もともと胃腸があまり丈夫ではないので、無理に食べないことは体をいたわるという意味でも大事なことなのだろうと思います。

 

甘いものは普段は食べない

主人がたまに買ってくるアイスや、時々つまむお菓子などは別ですが、普段は甘いものをほとんど食べません。

代わりにいつもはこちらのミックスナッツをいただいています。

 

また47kg台の時には、それまであまり飲んでこなかった清涼飲料水を飲んでしまったという手痛い失敗があり、反省をして無糖炭酸水や、無糖のお茶などを飲むようにしました。

 f:id:snowrabbit21:20210701110525j:plain

f:id:snowrabbit21:20210701110759j:plain

またこちらの無糖炭酸水のICY SPARKはamazonのセールの時に箱買いしたのですが正解でした。

f:id:snowrabbit21:20210608130632j:plain

清涼飲料水にハマったきっかけが三ツ矢サイダーだったので、その代わりにいただきました。

私はおなかが弱いので、炭酸水はあまりたくさん飲めないのですが、それでも夏の暑い日にはやはりしゅわっとした口当たりのものが欲しくなります。

そういう時に箱買いしておくと何かと便利で、主人も晩酌の際などに使っているようです。

なお、『医者が教える食事術』にも、清涼飲料水をはじめとした糖分の危険性が説かれています。

 この本によれば、やはりナッツは健康に有効だそうなので、無糖の飲み物をいただきながら、ナッツも摂って、健康に気をつけたいです。

 

今後心がけたいこと

もともと記録魔なので、今後ともレコーディングを無理のないペースでつづけようと思っています。

またできれば秋頃になって涼しくなったら、エアコンがつけられないリビングで運動を再開したいですが、『医者が教える食事術』によると、運動をして痩せることよりも、食事に気をつけて痩せることの方が長期的に見て有用だそうなので、今後とも食事面には気を配りたいところです。

特に糖分は主食以外では極力摂らないようにしたいですね。

また自分にとっての適性体重を定めておくことで、そこからオーバーしたら元に戻すなど、日頃から体重を意識しておきたいところです。

今後は鏡で体型のチェックなどもこまめにできればいいなと考えています。

なかなかこちらはつづかないのですが、美容の面でも体型は大事なので、心を砕いていきたいです。