雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

結婚式の衣装選びに行ってきました

結婚式の打ち合わせに行き、衣装選びをしてきました。

白無垢は刺繍が美しいものを選びました。日本髪の鬘に綿帽子という出で立ちです。

f:id:snowrabbit21:20210821212048j:image
f:id:snowrabbit21:20210821212051j:image

他にもが赤ふきの白無垢が気になったのですが、そちらは見るからに化繊という感じで、文様も今ひとつで、どうしてもこの豪奢な刺繍に惹かれました。

刺繍で生地感もとても重いですし、はじめはちょっと派手すぎるかなと思ったのですが、日本髪にしたので、華やかでもマッチするところがうれしいですね。

赤色の要素はオプションの小物で取り入れることにして、主人も了承してくれました。

 

会食の際に着る色打掛は古典柄のものを選びました。

日本髪の鬘は色打掛の際にも着用することにしました。

今はヘアレンジをする方が主流だとは思いますが、私は日本の伝統文化が大好きで、やはりどうしても日本髪にあこがれていたので、今回それが叶ってとてもうれしいです。
f:id:snowrabbit21:20210821212057j:image
f:id:snowrabbit21:20210821212054j:image

それから鶴の色打掛はかねてからのあこがれで、こうして纏うことができて喜びもひとしおでした。

お化粧は自前でして行ったので、どうしても鬘だと浮いてしまったのですが、当日は舞台用のお化粧をしてくださるとのことなので、今から楽しみです。

 

式場の方はとても丁寧な物腰で、私はとても緊張していたのですが、丁寧に案内してくださったので安心しました。

美しい着物を選べてとても満足できましたし、主人も「やっぱり着物が似合うね」と褒めてくれました。

帰りに食事をしたあと、古書店へ寄ってシャーリー・ジャクスンの短編が収録されている『街角の書店』という幻想怪奇短編小説のアンソロジーと、皆川博子『U』をお迎えして帰宅しました。
f:id:snowrabbit21:20210821212045j:image

久しぶりのお出かけということで緊張感もありましたが、それでもこうして衣装が決まったことで、いよいよ式の日を迎えるのだなという実感が湧いてきました。

良い式になるよう、しっかり準備をしていきたいと思います。