雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

帰京したらしたいこと

レコーディングダイエット

長崎に帰省して、食事量が増えました。

3食欠かさずいただきますし、朝には必ずフルーツサラダを摂り、お茶の時間には必ずお茶菓子がついてきます。

母はスリムですが、父は体重が気になるようで、私自身もちょっと体重が気がかりで、ここのところまともに体重を測れていないません。

そこで東京に帰ったらレコーディングダイエットを再開したいです。

元々153cmで45〜46kg、BMI19ぐらいなのですが、今頃きっと47kg程度になっているはずです。

帰京して実践したいこととしては

朝起きたら体重計に乗って記録をする

食べる量を全体的に減らす

食欲のない時には無理に食べない

甘いものは摂らない・飲まない

ということです。

そうしたことはこれまでにもブログに書いてきた通りです。

snowrabbit21.hatenablog.jp

snowrabbit21.hatenablog.jp

帰省してからは毎日3000歩ほど歩いていますし、水分もできるだけ摂るようにしていますが、それでも食べる量がいつもより多いと、どうしても体重が増えます。

私のダイエットの目的は、体重を減らすことではなく、45kg台を維持することにあって、いわば年中無休でダイエットをしていると云っていいかもしれません。

ダイエットを特別なイベントにするのではなく、普段の意識を変えて食習慣を改善することで、体重を維持するといいということは、さまざまな本にも書かれています。

私の場合はうつ病でお化粧やおしゃれがなかなかできない期間が続いていたので、体型や体重だけは維持したいという想いがありました。

その想いをレコーディングダイエットや、食べる量をコントロールすることで、実現可能なものとしてきました。

フォトウエディングを控えていることもあり、それまでにできるだけ体重・体型を維持しておきたいところです。

元々甘いものがそれほど好きではないこともあって、東京ではお茶菓子などもほとんど食べず、果物も摂らずに過ごしてきたので、帰京して食習慣を変えてみても、これまでの積み重ねもあって、さほど苦にはならないはずです。

レコーディングダイエットは、目に見える形で数字に表れるので、モチベーションの維持につなげやすいですし、今後ともiPhoneのヘルスケアアプリを利用しながら、体重・体型の維持に努めていきたいです。

またダイエットに意識が向いている今だからこそ、ダイエット本なども読んでいきたいです。

 

貯金

母と何かとお金の話をする機会が多く、結婚をして別世帯なので、込み入った話はできるだけしないようにしていますが、帰京したらお金の管理をもう少ししっかりしたいなと考えています。

具体的には家計費だけでなく、個人的なお小遣いの中から定期的に貯金をして、主人が病気で働けなくなったり、あるいは自分自身が障害を持っていてなかなか保険に入れないので、その予備として蓄えがあった方がいいなと考えたのでした。

そこで少しずつでも貯金をするために、帰京したらコロナ禍でなかなかできずにいた、銀行の名義変更の手続きを隣駅まで行ってしてみて、その口座に貯金をしていきたいです。

私自身はさほど不自由なく過ごしていますが、つまるところ余剰分がいくらかあって、それを無駄に使い込んでいるのではないかと気づいたのでした。

余剰分を貯金に回すのではなく、できるだけ天引き貯金で確実に貯められるようにしたいですし、それとは別に娯楽費の貯金も少しずつ行っていきたいです。

実は楽天銀行に娯楽費を貯金しようと、ゆうちょ銀行のATMから振り込んでみたものの、手数料が高くて、やはりメガバンクの方が安心だなと実感しました。

状況によっては手数料無料で入金できるようなのですが、あまり煩わしいことはしたくないので、メガバンクに預けておこうと考えています。

またこれまでネットの諸活動で得た収益も、その分今使っている口座から差し引いた上で、貯蓄に回す予定です。

コロナ禍に終わりが見えない今、目先の楽しみよりも安心を得たいという気持ちが高まりつつあります。

投資などは現時点では考えていませんが、日々ニュースは欠かさずチェックしています。

ここのところ経済上の不穏なニュースが多くて、性格上不安になりやすいので、やはり着実に貯金をした方が安心につながるのかなと考えています。

そうして着実に貯める習慣をつけて、今後の備えとしたいです。