雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

1ミリも動きたくないときのうつごはん

持病のうつと付き合っていると、なかなかごはんのことをうまく考えられなくなります。

夕食は主人にお願いしているのですが、朝昼は自分で用意しています。

それでもうつの病状が思わしくないと、なかなか食欲がなくて動く気になれないこともありますし、気力を消耗してごはんを用意するのが億劫なこともあります。

それでも何かしら用意できた日には自信になりますし、たとえ簡素な食事であってもいいのです。

 

鯖の煮付けの缶詰×ごはんとインスタント味噌汁

魚の缶詰はできるだけ常備するようにしています。

f:id:snowrabbit21:20220204133421j:plain

というのも主人は魚が大の苦手でほとんど食べられず、一方私は根っからの魚好きです。

なかなか一人分の魚料理を用意するのが手間なので、魚の缶詰を利用して魚をいただいています。

また魚の缶詰があれば、ひとまず一品は整うので、弱っている時でもさほど負担がかからずにごはんを用意することができます。

鯖缶だけでなく、ツナ缶なども常備しておいて、適宜料理に使っています。

私は近くの100円ローソンを利用していますが、ネットでも購入できるようです。

 

五島うどんの地獄炊き

かねてからリピートしている出身地・長崎の五島うどんは、私にとっては欠かせない存在です。

f:id:snowrabbit21:20220204133436j:plain

茅乃舎のだしを使って具材を煮込んで、鍋ごと食卓に出し、そこから器によそっていただくので、気力のない時でも作りやすいのです。

また食欲のない時には白米を食べるのがなかなかつらいので、そういう時に麺があると役立ちます。

弱っている時にも食べやすい、優しいお味なのがとても気に入っています。

またここのところ消耗している時にはついインスタントな麺を食べたくなる頻度が増えていて、健康面を考えるとあまり良くないなぁと思います。

そういう時にもこの五島うどんがあればインスタントな麺に頼らずに満足感を得られて、ヘルシーだなと感じます。

 

ハムエッグ丼

ハムエッグを作ってごはんに載せるだけの丼です。

f:id:snowrabbit21:20220204133438j:plain

醤油を適量かけていただくのですが、これがなかなか美味しくて、時々リピートしています。

材料も揃えやすいですし、作るのにも負担がかからないので、弱っている時のお助けメニューです。

こちらもものの5分もあれば完成するので、うつでなかなか身動きが取れない時にも作りやすく、トーストと共にいただくよりも、最近はこうしてごはんと一緒に食べる頻度が増えてきました。

 

おわりに

弱っている時にはなかなか外に出るのもつらく、私はなかなか食材を買いに行けません。

そんな中でも作りやすいメニューをいくつか持っておいて、食材をストックしておくと何かと便利です。

ちょうど五島うどんが切れてしまったので、また近々リピートしようと考えています。

うつを患っていると食事を用意することもなかなか難しいですが、今後とも無理のない範囲でこうしてちょっとしたものを作っていきたいと思います。