雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

夫婦関係改善のための週末企画を立てる

はじめに

ここのところちょっと悩み事があって、リフレッシュをしたいという気持ちが強まっています。

週末には短歌読書会をすることを予定していて、もちろんそれも楽しみなのですが、主人との時間も大切にしたいと思っています。

そういう時に、企画力はあっても実行力が弱すぎる私に、何が提案できるだろう……? と考えてしまい、

・家でできること

・外でできること

の二つを提案してみることにしました。

 

家でできること

ポケモン ソード・シールドでレイドバトル

ポケモンソードシールドのワイルドエリアで、ポケモン初代のキョダイマックスができる御三家がゲットできるという情報をキャッチしました。

game8.jp

2022/2/22(火)より、「キョダイマックスリザードン」「キョダイマックスフシギバナ」「キョダイマックスカメックス」が出現するPokémonDay記念イベントが開催されています。いつもより強敵の3匹が出現する、入手が困難な「ダイキノコ」も手に入るため、是非この機会に入手しておきましょう。

前回、マホミルレイドの時には、私は怖気付いてしまって、なかなかインターネット通信でレイドに参加できなかったのですが、それでも主人とレイドをしてとても楽しかったのを思い出しました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

それでも今回はぜひインターネット通信でレイドに参加して、御三家をゲットできると良いなぁと思います。

 

ブルーベリー読書会

主人はここのところこれまでよりいっそう読書に身を入れていて、平家物語周辺の本を色々と読んでいるようです。

その話を聞くのも楽しいのですが、一方で私はここのところ読書意欲が落ちていて、なかなか本を読めずにいます。

そこでブルーベリー読書会に誘ってみようかなと思います。

ブルーベリー読書会は、ただ二人で同じ空間と時間をシェアしながら、それぞれの本を重い思いに読むという会で、過去に二度ほどやってみて、充実した時間を過ごすことができました。

今回は私は図書館で借りてきた本を読み進めたいなと考えています。

f:id:snowrabbit21:20220224142205j:plain

f:id:snowrabbit21:20220224142144j:plain

言葉を交わすこともなく、ただ黙々と読む会なので、気負わずに参加できるのが良いところだなと思います。

時間と空間をシェアすることで親密な気分にもなれますし、終わった後に感想を話し合うのもまた楽しいです。

鈴木裕『最高の体調』によると、同期行動(同じ行動を一緒にする)と親密度が上がるのだとか。

そういう点でもこのブルーベリー読書会は使えるメソッドだなと感じます。

 

外でできること

なかなかコロナ禍の感染状況も落ち着かないので遠出はできませんし、私自身、ちょっとここのところ病状が思わしくなくて、なかなか出かけられない日々が続いているのですが、近場であれば出かけられるかもしれないなと思います。

昨日、主人が出かけた先で「書店があれば行きたいね」と話していたのを思い出して、それなら近場の書店に主人を誘ってみるのも良いかもと思ったのでした。

私は家からなかなか出られないので、リアル書店にも足を運べないことが多いのですが、それでも図書館や、あるいは書店へ主人と行くと、とても嬉しい気持ちになります。

またここのところ雑誌を読みたいと思うことが多くて、そういう時にリアル書店へ行って、雑誌を立ち読みすると、それだけで気分が上向くこともあります。

もちろん気に入った雑誌は買うようにしています。

私が気になっているのは『&premium』や『和樂』、それからネット書店で今回は買いましたが、詩歌の雑誌などは買い集めています。

また書店特有の空気感は読書好きの私たち夫婦にとってなくてはならないものなので、たとえ小さな駅前の書店であっても、足を運んで、新刊の本に囲まれる幸せを味わえると、それだけでリフレッシュできるかなと感じます。

 

おわりに

いつも仲が良くても、時には夫婦関係がうまくいかなくてギクシャクしてしまうこともありますが、こうして持ち前の企画力を活かして、主人に対して積極的にポジティブなアプローチをしていければ良いなぁと思います。

ただでさえ何かとストレスを感じることも多いご時世ですし、そういう時こそできるだけ気配りをして、主人とそして私のストレスケアに努められるように、さまざまに楽しいイベントを用意して、ストレス解消をしていきたいです。