雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

体調不良時、あってよかったもの、やってよかったこと

ワクチン接種3回目接種の副反応の影響で体調が悪く、その間あってよかったもの、やってよかったことをまとめておこうと思います。

 

 

あってよかったもの

食事

アクエリアス

水分補給はワクチン接種後の三日間はアクエリアスを飲んでいました。

特に一日目の夜は汗を大量にかいてしまったので、できるだけ水分を摂るように心がけました。

普段は甘い飲み物を好まないので、アクエリアスを飲むのは少々気が引けたのですが、それでも努めて摂るようにして、安静を心がけました。

 

レトルトのおかゆ

レトルトのおかゆは調理ができない時にもさっと食べられるので重宝しました。

体温が37.5℃以上ある時にはなかなか他のものを食べられる状況ではないので、そういう時にはおかゆの存在がありがたかったです。

またワクチンの影響で口内が荒れていたので、そういう時にも噛まずに食べられるおかゆは食べやすくて助かりました。

 

インスタント味噌汁

塩分がほしいときに補うのにちょうど良く、普段からストックしているのですが、随分と助けられました。おかゆだけだと飽きてしまうので、気分を換えるのにもちょうど良かったです。

大容量のこちらの味噌汁を買っておいて、その時々の気分に合わせて具材を選べるのも嬉しいポイントです。

調理がなかなかままならない中でもさっと作れて、弱っている時には助かりますし、今後とも常備しておきたいと思います。

 

雑炊

ちょっと元気が出てきて、自炊ができる状態の時には雑炊を作っていました。

 

卵とネギの中華雑炊

f:id:snowrabbit21:20220306120732j:plain

 

ほうれん草と卵の雑炊

f:id:snowrabbit21:20220306120736j:plain

できるだけ水分は多めにしておくのがポイントです。汁気が多いと、弱っている時でも食べやすいと感じました。

また少し多めに作っておけば、後々も簡単に食べられるので助かっています。

鍋一つで作れる手軽さもありがたいですね。

 

メディア

NHKニュースWEB

www3.nhk.or.jp

気になるウクライナ情勢や、新型コロナウイルスに関する記事などを中心に読んでいます。

www3.nhk.or.jp

www3.nhk.or.jp

www3.nhk.or.jp

玉石混交のTwitterとは違って、信頼のおける情報ソースであるという安心感もあり、無闇にTwitterを眺めるよりも精神衛生的によろしかったです。

また朝日新聞デジタルが情報量では上回りますが、整理されているという点ではNHKニュースも捨てがたい点があり、両者を併用することで、より適切な情報が得られるなと感じています。

 

朝日新聞デジタル

特に東アジアに関心があるので、ウクライナ情勢とともに、韓国や中国にまつわる記事をいくつか読みました。

www.asahi.com

digital.asahi.com

digital.asahi.com

digital.asahi.com

朝日新聞の取材力の高さを感じるとともに、記事のクオリティの高さを実感しています。

NHKニュースでは掘り下げが足りないと感じる場合が多々あり、そういう時にはやはり新聞社のソースに当たることは重要だなと感じました。

 

やってよかったこと

スマホは手放してひたすら寝る

特に2日目に当たる3/5は一日寝込んでいました。その間スマホは一切見ずに、ぼんやりしたりうとうとしたりしながら寝落ちるを繰り返しているうちに、だんだんと体が回復していくのを実感しました。

これまでは不調の際にスマホを見ながら横になることも多かったのですが、スマホを手放した方がゆっくり休めるなと気づきました。

 

Twitterは見ない

上にも書いたように、Twitterは見ずに、NHKニュースWEBや朝日新聞デジタルを見て情報収集をしていました。

池上彰佐藤優両氏の著作『僕らが毎日やっている最強の読み方』にもこれらのソースは紹介されていましたが、確かな情報を得ることの大切さは、この困難な状況下でますます切実なものとなっていると感じます。

Twitterにはウクライナ情勢に関する真偽不明のRTが回ってくることもあり、あまりいい気持ちはしないので、ここのところ見る頻度が減っています。

特に体調不良時には食べ物に気を遣うように、情報の質にも気をつけたいなと感じました。