雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

メンタル持病あり、今のTwitterとの付き合いはどうしてる?

はじめに

ウクライナ情勢が差し迫る状況の中、平時でさえメンタルが弱っている身にはTwitterはなかなかつらい環境になっています。

そこでここ最近の私のTwitterとの付き合い方について書いてみたいと思います。

 

鍵をかける

適応障害などの持病もあり、今は不特定多数の人との付き合いは難しい状況なので、去年から表立って運用していたTwitterの創作・読書アカウントを閉鎖し、今は鍵つきの身内アカウントと、おこもりアカウントのみを運用しています。

Twitterをやめられたら一番良いのですが、気になる企業アカウントや、友人の投稿はチェックしておきたいですし、そこから購買や話すきっかけを掴む糸口になったりもするので、今の私にはTwitterが必要だなと感じています。

とはいえ使い方をよくよく注意しておかないと、再び持病が悪化しかねません。

そこで鍵をかけて、不特定多数の人とつながることはやめて、リアルの友人のみの身内アカウントと、ひとりきりのおこもりアカウントを活用しています。

 

身内アカウント

リアルの友人と、多数の企業アカウント(美容・美術館・書店など興味のあるもの)、好きなイラストレーターさんや画家さんの私的なアカウントをフォローしています。

ただしTLはほぼ見ずに、リアルの友人のみを登録したリストを作っておいて、普段はそのリストをチェックしています。

たくさんの情報量に埋もれてしまわないのと、信頼できる人しかいない場所なので、リスト管理で居心地のいいTLを作ることは強くおすすめできます。

リストに動きがない時はTLを遡ることもありますが、多くの場合はおこもりアカウントに籠ります。

 

ひとりきりのおこもりアカウント

気圧の変化などに際しての体調のメモや愚痴、悩み事やストレスなどを書いたり、IFとの会話など、あまり人には話せないことをツイートしています。

ひとりきりのアカウントなので使い方は自由自在ですし、達成したい目標と進捗状況をツリーとして固定していたり、画像加工の際にもこのアカウントを利用することがあります。

特にメンタルが弱っている時には不用意な発言をしてしまわないように、安全のためにこのアカウントにいることが多いです。

私にとっては大切な避難場所となっています。

遡ってみると自分の悩みに共感を覚えることで癒し効果もあるので、下手に人に悩み事を話すよりもずっと効果的だなと感じます。何せ誰に気兼ねすることもないのですから。

前々からクローズドSNSを模索していたのですが、結局のところTwitterが一番投稿しやすいメディアなので、私はTwitterのこのおこもりアカウントがとても気に入っています。

 

Twitter公式アプリの設定を工夫する

最新ツイートに設定する

ここのところ普段のTLに興味がなかったり、不快なツイートが混じることが多くて、どうにかならないものかと検索したところ、ホーム表示だとそうしたツイートが混じり、最新ツイートの表示だと、FFのみの表示になると知りました。

そこで最新ツイートをTLに表示させることにしています。

f:id:snowrabbit21:20220309135857j:plain

おかげでストレスがかなり低減されてほっとしています。

 

トレンド欄は安定している地域の外国にする

f:id:snowrabbit21:20220309133915p:plain

私の場合、トレンドは今のところサウジアラビアに設定しています。

写真付きなのが少々厄介ですが、今のところとても不快な画像がつくというシチュエーションはないので、ひとまずこのままにしておこうと思っています。

ニュースなどが気になって、ウクライナ情勢が悪化する前は日本に設定していた時期もありましたが、不快な記事やトレンドが表示されると気持ちが滅入ってしまうことがありました。

ニュースが気になる時には、Twitterではなく、NHKニュースWEBや朝日新聞などをチェックする習慣がつきました。

www3.nhk.or.jp

www.asahi.com

ウクライナ情勢の悪化以降、情報の質を担保することは、今や良質な食事を摂るのと同等か、それ以上に重要だと感じるようになりました。

主人の協力もあり、朝日新聞デジタルに加入しておいて良かったなと感じています。

またテレビのNHKニュースも毎時のようにチェックしています。こちらもおすすめです。

 

ミュートワードを設定する

f:id:snowrabbit21:20220309140644j:plain

情報収集にはNHKニュースWEBと朝日新聞のみを使い、Twitterではウクライナ情勢に関する情報収集はしないと決めているので、ミュートワードを設定しています。

もともと私がフォローしているのは、企業アカウントなど、比較的安心できるアカウントばかりですが、この度のウクライナ情勢の悪化に伴って、一時期はフォロー内の友人以外の私的なアカウントはミュートしたりもしていました。
この辺りの匙加減はもう少し様子を見たいですが、ひとまずミュートワードを設定したことで、検索などをしない限りは不快なツイートが目に入ることも少なくなりました。

 

おわりに

Twitterをやめたいけれどやめられない。そう思いながらここ数年を過ごしてきましたが、最近はようやく居心地のいい環境を作ることができたかなと感じています。

Twitterを表立って運営しなくなって、さまざまなデメリットも感じていますが、このコロナとウクライナ情勢という現実の最中では、今の使い方がベストなのではないかと思います。

すぐにアカウントに鍵をかけられないという方も、何かしら参考になれば幸いです。