雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

食欲がない時は器使いで工夫する

ここのところめっきり食欲が落ちていて、なかなか食事を摂る気分になれません。

さまざまに調べたところ、頻回に分けて栄養を取ったり、食べやすいものを用意するといいと書かれていました。

そこで、この日はあまり罪悪感なく食べられるものを用意することに。

f:id:snowrabbit21:20220415105544j:plain

揃えたのはハム、ミックスナッツ、それから塩ヨーグルトとルピシアダージリン1stフラッシュです。

もともとハムは常備していて、こうした食欲のない時の間食としていただいていたのですが、お行儀の悪いことにパックからそのままかじってしまうことも多くて、なんだかなぁと思っていました。

食欲がない時ほど、見た目の美しさを整えた方がいいなと気づいて、今回はできるだけ整えて器に盛りつけることにしました。

また宅飲みの席などで、手軽につまめるものなら食べられるということに思い至って、そうしたおつまみ感覚で食べられるものを並べてみました。

塩ヨーグルトは塩をトッピングしただけのヨーグルトで、私にとってお気に入りの間食です。

盛りつけるなら、やはりバーレイのピンクアジアティックフェザンツがいいなと思って、イメージをしながら盛ってみると、ほんの少し気分も上向きました。

結果的にはちょっと量が多かったなと感じましたが、この日はお昼を食べていなかったので、その代わりということで大目に見ることに。

ミックスナッツはいらなかったなと感じたので、次回からは省くかもしれません。

 

また明くる日の朝食には、主人がランチパックのツナマヨサンドを買ってきてくれたので、こちらもバーレイのピンクアジアティックフェザンツに盛りつけました。

f:id:snowrabbit21:20220415105607j:plain

袋からそのままかじるよりも、器を利用したことで、少し気持ちが整うなと感じます。
また主人はコーヒーを、私はコーヒーは苦手なのでダージリン1stフラッシュをいただきました。

この日は朝から工事の音で目が覚めたり、肌寒くて気圧もかなり低下するとの予報で、気圧の変化に弱い私にとっては、なかなかつらい目覚めとなりました。

そういう自分を労わるという意味でも、こうして簡素なものでも美しい器に盛ると、それだけで気分が少し和らぐなと感じたのでした。

紅茶はマグカップよりもティーカップ派なので、弱っている時こそ、できるだけ丁寧にセッティングして、自分自身の不安定になりがちな気持ちを宥めたいなと思います。