雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

セルフコントロール大全を読んでみて、すでに実践していること

はじめに

先日、『科学的に自分を思い通りに動かす セルフコントロール大全』を読みました。

そこで、実際に自分が実践しているセルフコントロールについて書いてみたいと思います。

 

運動

毎日1分以上、なんでもいいので運動をするように心がけています。

やる気がある時にはスピンバイクを漕ぎ、ちょっと不調な日はリングフィットでヨガをしたり、用事を済ませるついでに歩いたりしています。

行った運動はカロミルに記録しています。

 

 

レコーディングすることでモチベーションの維持に役立っています。

 

食事のレコーディング

カロミルでは併せて食事のレコーディングもしています。

この日は宅飲みの席でカロリーオーバーになってしまいました。

 

 

しかし、一週間のトータルで見てみると、塩分はオーバーしていたり、タンパク質と食物繊維が不足したりすること以外はクリアしていました。

日頃からあまり食事量を増やさないようにしているので、今後はもう少し節制をしていきたいと思います。

そういうわけで、昨日は極力カロリーを抑え目にしました。

トータルで調整することも考えながらも、一日一日の食事を節制したり、それでも拒食に傾きすぎないようにバランスを考えていきたいと思います。

 

読書

私はGoogle カレンダーにレコーディングをしていて、ここ3週間は毎週4日以上は読書ができています。

引越しもあり、読むのは電子書籍が多いのですが、日々こうして本を読むことでさまざまな知識を得ることができますし、それを実生活に生かすこともできます。

学生時代はなかなか自己啓発本を読むのが気恥ずかしかったのですが、ここ最近は副業本など、より実践的な本を読む機会が増えて、今後ともブログを頑張っていきたいというモチベーションにもつながりました。

こうしたジャンルの本は電書でサクッと買ってサクッと読むのに向いているので、引越しをして落ち着くまでは、しばらくこの読書スタイルを続けたいと思います。

 

おわりに

こうして振り返ってみると、思ったよりも自分自身が実践できていることや、引越しで忙しい最中でも習慣化しようと頑張ってきたことがわかり、自己肯定感がUPしました。

なかなかいい習慣を習慣化するハードルは高いですが、全体として記録をすることや、結果を見える化することがモチベーションにつながっているなと感じます。

今後ともさまざまなアプリを活用しながら、自分自身のセルフコントロールをやっていきたいと思います。