雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

2022.05.27 引越してから買い揃えたもの

はじめに

5/25にリノベ済み中古マンションに引越しをしてから、色々と必要なものが出てきて、買い揃えたものも多かったのでご紹介したいと思います。
引越してみて初めて気づくこともたくさんあり、まだまだ処理が追いついていないのですが、それでも少しずつ生活を整えようとほんの少し工夫をしています。

 

キッチン・サニタリー周りの小物の色はグレーに統一

20代の頃までは、実家にいた頃には自由に持つことが許されなかったピンクのものを持っていたくて、ピンクのものを集めていましたし、旧居のテーマカラーはナチュラルブラウンと淡いピンクと決めていました。
ただ、キッチン周りはどうしても色がごちゃつきがちになり、また見た目重視で買ったAfternoon Teaの布巾はあまり使い勝手が良くないので、引越しを機にAmazonのものに買い替えました。

またキッチンブラシは旧居時代からグレーでしたが、リノベーション済みのマンションを購入したこともあり、新たなブラシが欲しかったので、こちらも新調することにしました。

ホルダー付きなので衛生的に使えるところもとても気に入っています。
またバスチェアや洗面器は、ニトリのクリア素材のグレーカラーのもので揃えました。
見た目もすっきりとしていて、またチェアの高さがあるので、使ってみると負担感が少なくとても使いやすくて良かったです。

 

キッチン周りにはペーパータオルを常備

とある動画を観て、キッチンマットは置かない方がいいと聞いたので、新居では置かないことにしました。
旧居では敷いていたのですが、そこに汚れが溜まってしまうことも多くて、衛生面が気になっていました。
その代わりに、キッチンにはペーパータオルを常備して、水濡れなどはすぐに拭き取って、あまり汚れを溜めないようにしています。
またペーパータオルは、洗いカゴがまだない新居では大活躍していて、洗い物はバッドの上にキッチンペーパーを敷いて置いています。

またキッチンのシンク周りの水濡れなどもすぐにペーパータオルで拭き取っているので、今のところほとんど汚さずに使えています。

 

トイレスリッパは使い捨てしやすいものを選ぶ

もともと家事がさほど得意な方ではないので、旧居ではトイレスリッパは気がつけばくたびれているという有り様でした。
新居では気兼ねなく捨てられて、すぐに替えられるものを選びたいと思い、こちらのスリッパを使うことにしました。
履いてみると不織布なのでさほど履き心地は良くありませんが、コロナもまだまだ心配なので、衛生面の方が大事かなと感じます。

ストックは納戸にしまっておくことにして、ストレスなく使えるようにできればと思っています。

 

洗面所にアルコールウェットティッシュを常備

 

旧居では浴室に備え付けだった鏡がどうしても汚れることが多くて、それでもほったらかしにしてしまいがちでした。ストレスは感じていたのですが、どうせまたすぐに汚れてしまうし……と思っていたのです。
しかしリノベーション済みの新居では、汚すのがとても申し訳なく感じてしまい、手近にあってさっと拭けるものがあればいいなと考えて、アルコールウェットティッシュを備えつけることにしました。
鏡だけではなく、洗面台の水濡れなどもさっと拭いて捨てるだけなので随分と楽です。


おわりに

どうしてもキッチン・サニタリー周りは主人との共有スペースなので、真っ先に整えたくて、さまざまな品物を買い揃えてみました。
まだまだ必要なものが出てきたり、試してはみたもののうまくいかないということも出てくるかもしれません。
その都度生活の様子をご報告していければと思います。