雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

届いたデスクと新たな作業空間

内田彩仍さんの『家時間』『大切なこと』に出てくる、リビングのデスクに憧れて、主人にシェアしたところ、「とてもいいね。新居で実現したいね」と云ってくれて、Visage Neoのデスクを注文してくれました。

サイズは幅150cm、奥行き40cm、高さ72cmで、ふたりで並んで作業することもできそうだねと話しています。

今はリビングを拠点としている私の作業机になっています。

木目も美しく、インテリアに調和しますし、机の高さも高すぎず低すぎずで使いやすいです。

使い勝手をもっと良くしたくて、木材でできた無印良品のデスク周りの小物も注文しました。

www.muji.com

www.muji.com

今はMac Book Air以外には大きなものは何もない状況なので、ノートも文房具も平置きしていますが、収納場所があるとすっきりしそうです。

ノートは他にも一冊あるのと、直近三冊分は手元に置いておきたいので、それを置いておく場所があるといいなと考えたのでした。

他にも一時的に保管しておきたい書類なども入れておけそうです。

また文房具はどうしても散らかりがちになってしまうので、一箇所にまとめられるといいなと思っていて、この度収納小物を買うことにしたのでした。

その後、数日経って無事に無印良品から注文していたものが届いて並べてみたところ、いい感じに調和して、とても居心地が良くなりました。

置き所に迷っていたマスキングテープも一緒に引き出しの中に収納することにして、すっきりしましたし、のりやハサミ、15cmの定規なども収まって、使いやすくなりそうです。

またノート類も無事に収まって、以前よりも見栄えが良くなりました。

ちなみにその横には、主人が育てているネオンテトラたちが泳いでいます。

癒されながら作業ができそうでとても嬉しいです。

実はこれを書いている6/8の前日の6/7に届いて組み立てたばかりなので、まだまだ改善していく余地がたくさんある場所なのですが、今のところストレスなく作業ができているので、散らかさないように収納スペースを確保しながら、快適な作業空間を作っていきたいと思います。