雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

体調不良時、あって良かったもの

はじめに

体調を崩してふたたびダウンしてしまい、病院で血液検査とレントゲン検査、PCRの再検査を受けました。

そういう体調の最中だったので、せめて記事の貯金があってよかったなと思っています。

なかなか体調が整わない中、なんとか食事をとって薬を飲んで、着替えたり洗濯したりと少しずつ家事をしています。

そこで体調不良時にあってよかったものを書いていきたいと思います。

不調のため、いつもより文章が簡素になってしまいますが、どうぞご寛恕ください。

 

衣類

綿100%のインナー

ユニクロのエアリズムだと肌がかゆくなってしまうので、数年前からこちらの綿100%のインナーを使っているのですが、熱を出して汗をかいてもしっかり吸収してくれるので助かっています。

洗い替えに5着ほど買っておいて正解でした。

汗をかいたらすぐに着替えるようにしていて、不快感をそこまで感じずに過ごせています。

暮らしの肌着さんのインナーは冬場も愛用していますが、夏場も心強い存在だなと感じました。

 

ネグリジェ

長袖と半袖を持っています。寒気がある時には長袖を、暑い時には半袖をと、臨機応変に着替えられるので、どちらも持っていてよかったです。

また着ていて心地よく、心身の負担にならないですし、綿素材で汗をよく吸ってくれるので助かっています。

こちらも汗をかいたら着替えています。

どちらかというと長袖を着ることが多いですが、今は半袖を着て、上からジェラートピケの羽織ものを羽織ってこの記事を書いています。

 

食事

インスタント味噌汁

PCR検査を受けることになったために、病院の帰りにどこにも寄れず、ポカリなどのスポーツ飲料を買えなかったため、塩分補給が必要だなと思い、病院から帰宅してインスタント味噌汁をいただきました。

体も温まりますし、ほっと一息つけるので、あってよかったなと感じました。

 

豆腐と冷凍小ネギ

病院から帰宅して、食欲がないながらも薬を飲まなければならなかったため、冷奴を作ることにしました。

豆腐に冷凍小ネギを乗せて醤油をかけただけですが、体調の悪い時でも食べやすく、時間をかけてゆっくりいただきました。

ひんやりと冷たいものは食欲がない時でも食べやすいので、豆腐が冷蔵庫に幾らかあって良かったなと感じました。

 

冷凍うどん

主人が西友ネットスーパーで頼んでおいてくれたもので、不調時には雑炊を作ることが多いのですが、ここのところ暑くて雑炊という気分になれなかったのと、調理が手軽にできるのもあって、冷凍うどんをいただくことが多いです。

卵や納豆をトッピングして、冷凍小ネギを乗せて、めんつゆをかければ完成するのがありがたく、体調不良時に役立っています。

つるつるとした食感も食欲のない時にはうれしいです。