雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

家庭内感染を防ぐためにやったこと〜基本編〜

はじめに

6/27に主人が職場経由で新型コロナウイルスに感染して、ほぼ一週間が経ちました。

この間、私自身は濃厚接触者でありながらも、発熱の度合いが37.4℃以下で、なおかつ他の目立った症状がほとんどなかったため、最寄りのかかりつけ病院でPCR検査が受けられず、随分と気を揉みました。

それでもこの間実施した抗原検査ではいずれも陰性で、なんとか家庭内感染を抑えることができたと感じています。

そこでこの間やったことをまとめておこうと思います。

 

ワクチン3回目の接種

2022/03/04にワクチン3回目を接種しました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

snowrabbit21.hatenablog.jp

1回目、2回目はファイザーで、3回目はモデルナでした。

効果がどれほど持続したかは正直なところよく分からないのですが、これまでのところ新型コロナに感染していないことを考えると、一定の効果はあったのだろうと思います。

もともと私はメンタルに持病が複数あり、基礎疾患持ちという扱いになっているので、ワクチン接種はためらう理由もなく、積極的に打ちました。

 

かかりつけ医への電話相談

主人の新型コロナウイルスへの感染が分かってから、しばらくは自分自身で対処しようと思っていたのですが、感染リスクへの恐怖心によるストレスから徹夜をしてしまうようになり、さすがにこのままではまずいと思いました。

そこで内科医の資格を持つ、かかりつけの心療内科の主治医に連絡をしました。

すると、感染から中三日を空けた4日目、5日目が感染リスクが高いので、抗原検査をそれぞれやった方がいいというアドバイスをいただけて、とても助かりました。

最寄りのかかりつけ内科ではPCR検査を断られてしまって、連絡しづらくなってしまっていたので、こういう時に他にかかりつけ医がいて良かったと心から感謝しています。

 

抗原検査の実施

初日の6/27、主治医のアドバイスに沿って、7/1 と7/2の計3回、抗原検査を実施しました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

snowrabbit21.hatenablog.jp

私は最寄りの薬局で抗原検査キットを複数個買って、自宅で抗原検査をした結果、いずれも陰性でした。

陰性だということがはっきりと目に見えてわかると、それだけでも安心材料につながったので、医師の指示通り抗原検査をやってみて良かったなと感じています。