雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

ビタミンNを摂取する

ここのところ持病の調子が悪く、なかなか思うように記事を書けずにいました。

そのような中で、どうすれば少しでも気が晴れるかなと思って、読書をしたり、動画を観たりしていたのですが、それでもなかなかリフレッシュできません。

最近養老孟司先生の動画にハマっていて、何本か観たあと、彼の自然観に興味を持ったので、本を何冊か買って読んでいます。

そこで盛んに説かれているのが自然に触れることの大切さで、養老孟司先生にとっての都市観・自然観は、先日都心に出かけた際にやはり強く意識せずにはいられませんでした。

aniron.hatenablog.com

そこで自然に触れることを心がけようと思ったところ、ふとエリカ・アンギャルの著書にビタミンNという言葉が出てきたのを思い出しました。

緑豊かな自然の中に身を置くだけで、リラックス効果があり、コルチゾールなどのストレス値が下がるということが100以上もの研究によって示されています。この自然がもたらす効果を欧米ではビタミンにたとえて“ビタミンN”(Nature=自然)と呼んでいます。実際にそのようなビタミンが存在するわけではありませんが、それほどの嬉しい効果があります。

──エリカ・アンギャル『自信という最上のドレスの手に入れ方 それは小さな積み重ね』幻冬舎、2014年、p138

思えば旧居にいた頃には、隣屋が農家だったこともあり、窓を開ければすぐに自然と触れ合うことができました。少し足を伸ばせばさまざまな公園があり、休日のたびに出かけていました。

しかし、転居してからは、不調がつづき、散歩に行くにもやっとという有様です。

snowrabbit21.hatenablog.jp

その代わり、晴れた日にはルーフバルコニーへ出ることが多く、そこでアジアンタムや、お祝いにもらったシマトネリコを眺めて葉水をしたり、主人が育てているメダカたちを眺めて癒されています。

主人が育てているメダカたち(通称みゆきちゃんたち)はだんだん稚魚が大きくなってきました。

空を見上げれば青空が広がり、秋のいわし雲も見つけました。

そうして自然に触れることで、心身ともにリフレッシュできているなと感じています。

とはいえこれは昼間のお話で、夜間に調子を崩すことが多い私は、夜間に触れられる自然を切実に求めてしまいます。

そこで主人が育てているレモンネオンテトラネオンテトラ、ルリーシュリンプのいる水槽を眺めたり、自然音や映像をApple MusicやYoutubeのASMR動画で視聴したりしています。

youtu.be

youtu.be

自然に触れることで、緊張していた心もほぐれていきますし、これからもビタミンNを積極的に摂取すべく、オンラインオフライン問わず、自分の心がほどけるような自然に出会えたらいいなと思います。