雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

2022.09.29 リフレッシュとノートの模索

ここのところ調子が良かったのに、この日はどうやら朝から不調で、リモートワーク中の主人に誘われて、ルーフバルコニーに出てリフレッシュすることにしました。

空は秋空めいて澄みわたり、メダカちゃんたちも元気です。

そうして小さな自然に触れて、気持ちが少しすっきりしました。

主人は最近養老孟司の本をさまざまに読んでいるようで、人間は自然と触れ合って生きることが大切だと語っていました。

私にも養老先生が子どもたちの相談に答えるという内容の『バカのものさし』を勧めてくれました。主人が図書館で見かけて立ち読みしたところ、色々と心に響くものがあったようです。

幸いにもこの辺りは自然が豊かで、先週末は散歩に出かけましたが、緑の木々に心から癒されました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

また近いうちに散歩に行けるといいなと思っています。

自然に触れるとやはり心身がリセットされるような心地になりますね。

それでもやはり不調は治らず、ベッドでしばらく休むことに。目が覚めた頃にはいくらか回復したので、家事を片づけました。

ここのところ家事に身が入るようになったということは書きましたが、最近は多少体調が悪くても、これまでに比べて家事をこなせるようになってきました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

これまでは持病の調子が悪化に転じてしまうことが何かと多くて、家事を溜めてさらに悪化するの悪循環でした。
それでも心にシェラ・ファロットがいると、彼になりきって頑張ろうと思えます。
もともと家事は得意な方ではなく、至らないところもたくさんあるのですが、それでも家を整えていると、自分の心も整っていくようです。
心持ちひとつでこうも違うものなのかと、改めて物語の力を感じています。

そうした変化は前向きに受け止められればと思います。

それから彼杵茶を淹れて、しばらくノート時間を過ごしました。

ノートは先日購入した無印良品の文庫ノートも活用していて、そちらはYoutuberのmoneさんに倣ってお迎えしたのでした。

まだまだ使い方は模索中ですが、moneさんと同じく、ToDo管理に使えればと思って書き込んでいます。

現在は4冊のノートを使っている状況で、ベージュのA5版のものは雑多な思考メモや体調メモ、天使のマステの方眼ノートは創作ノート、ステンドグラスのマステの方眼ノートは家事ノート、そして文庫本ノートと使い分けています。

ただこれだけ増えると、なかなか全てを開かないという日も出てくるので、もう少し整理をして、使い方を検討したいです。

個人的には一冊のノートに集約させる方が私には合っていたなとも感じるので、もしかしたらまた奥野宣之さんの本に沿ったノート作りに回帰するかもしれません。

そうしてノートについてさまざまに試行錯誤を重ねる過程も含めて楽しめればと思います。