雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

『「美人」は生まれつきではなく、テクニック』を読んで実践したいこと

美容本はこれまでエリカ・アンギャルさんのものしか読んだことがなかったのですが、このたびkindleセールで気になった、岩倉陽子『「美人」は生まれつきではなく、テクニック』を読みました。

そこで実践したいことを書いてみたいと思います。

 

コスメ

流行を追わず、自分に似合うものを選ぶ

私はブルベ夏で、濃いメイクよりは淡いメイクの方が似合います。

しかし秋冬になると、店頭では色の濃いアイシャドウばかりになって、秋冬に応じたメイクをした方がいいのか、それとも自分に似合うラベンダーやピンクなど、淡めのメイクをした方がいいのか、迷っていました。

しかしこの本を読んで、流行のメイクが必ずしも自分に似合わないということがよく分かりましたし、秋冬でも淡めのメイクの方がしっくりくるのなら、それでいいのだと思えました。

私は自撮りをして似合うメイクをさまざまに検討してきましたが、その結果ラベンダーパープルのアイシャドウや、excelの色づきの薄い上品なアイシャドウが似合うことが分かりました。

そういうわけで、随分とコスメを整理して、今の手持ちはほぼ似合うものだけになっています。

それでもそれらも一年二年と年月を経てきているので、そろそろ買い替えも検討したいです。

私が気になるアイシャドウを挙げてみたいと思います。

また未開封ですが、こちらの二つのラベンダーカラーのアイシャドウも使いたいです。

 

UVケアを年中する

ラロッシュポゼのUVクリームは化粧下地としても愛用していますが、できるだけ出かけない日にもこまめに塗ったり、塗り直したりして、年中使いたいです。

高い美容液を買うほどのゆとりはないので、日々のケアが大切だなと改めて感じます。

30代になって美白ケアが気になりはじめたので、毎日の積み重ねと思って意識を変えたいところです。

 

シャンプー・コンディショナーを再検討する

肌が弱いこともあって、ミノンをライン使いしているのですが、実家に帰省してアミノ酸系のシャンプーを使ってみて、あまり支障がないようなので、アミノ酸系のシャンプーをさまざまにリサーチして使ってみたいなと思っています。

しかし有力そうなサイトで見てみると、アミノ酸系のシャンプーの中でも、ミノンは上位に来るようです。

https://my-best.com/26

もうしばらく使ってみて、やはりミノンで支障がなければ、そのまま使いつづけたいと思います。

 

ファッション

自分のイメージを把握する

本書に挙げられているイメージ像として、知的・美人・かわいい・エレガント・カジュアルなどが挙げられていて、私は「カジュアル」よりは「知的」、「かわいい」よりは「美人」のタイプなので、そのイメージでお洋服を選びたいなと思います。

またコンサバなファッションが得意なので、そのコンサバスタイルも大事にしたいです。

 

自分に似合うものを見つめ直す

ここのところファッションも迷走気味で、GUでオーバーサイズのニットを買ったり、プリーツスカートを買ったりしてきましたが、母に「ボディラインの出る服が似合う」とか、「パンツは似合わない」と云われているので、スカートは膝丈のタイトスカート、トップスはタイトなニットや、上品なブラウスなど、できるだけコンサバに沿うような洋服選びをしたいです。

そうした服選びをすることで、さらに自分の似合うスタイルに一歩近づけるのではないかと思います。

体型維持のために日々歩いています&帰省先で買ったもの

今日は用事があって朝から出かけて、それから母に誘われて買い物に行ってきました。

食事の量をコントロールすることがなかなか難しいので、できるだけ歩くようにしています。

今日の歩数は9901歩と、かなり歩きました。

f:id:snowrabbit21:20211015175407j:image
f:id:snowrabbit21:20211015171241p:image

週の平均も3000歩越えと、帰省してからは体型維持のため、できるだけ歩くようにしています。

観光地などには足を運ばず、もっぱら母の買い物に付き添ったり、用事がある時のみ出ていますが、それでも東京にいた時よりもかなり歩いていて、そのおかげもあってか、メンタルの調子も東京にいた頃よりは改善しつつあると感じています。

元々療養のための帰省という目的だったので、その目的を達成しつつあることがうれしいですし、日々できるだけ身綺麗にしたりメイクをしたりするのも、東京にいる頃よりもモチベーションが上がっていて、観光は全くしていませんが、充実した日々を送っています。

f:id:snowrabbit21:20211015171246j:image

おかげで体型もそこそこ維持できているようで、あとは帰京したら食事量を今よりも減らして、自分の食欲に応じた量の食事を作ろうと思っています。

元々少食気味なので、実家でいただく一食の量は多めで、白米の量を自分で少しずつ調整したりはしていますが、少し気がかりです。

とにかく帰京したら食べる量を自分にちょうどいいように減らしたいと思っています。

 

そして帰省して店員さんに何かと「まだ若いから」「学生さんのよう」と云われることが二度ほどあって、自分自身はすっかり30代として老け込んでしまった気分でいたのですが、実際には実年齢よりは若く見られるのかもしれません。

リップサービスかなと思ったのですが、それぞれ別の場所でそのようなお言葉をいただいたので、少し驚きました。

妹と比べてみても、妹を姉と勘違いされることもこれまで多かったですし、それはさして気に留めていなかったのですが、新たな発見となりました。

私は持病もあってほとんどまともに就労できたことがないので、その分世間を知らない顔をしているのかもしれませんが……。

30代という年齢を意識しすぎて、もっと大人らしい格好をしなくてはという焦りに駆られてもいたので、その固定概念を壊すきっかけにつながったという意味でも嬉しかったです。

東京にいるとそこまでの会話は店員さんとの間に生まれないので、長崎に帰省してみて良かったことの一つだなと感じます。

 

その長崎で買ったお土産がこちら。f:id:snowrabbit21:20211015171251j:image

ベトナムの刺繍のポーチは母と柄違いのお揃いで、母が薬を持ち運ぶのにちょうど良いというので、私も買うことにしました。

療養のための帰省ということもあり、薬は余分に持ってきていたので、さっそくポーチに詰めました。

常備薬のロキソニンも入れられて、「ひとまずこれを持ち運べば安心だな」という安心感につながって、買ってよかったと思います。

 

それから長崎には石丸文行堂という、少し大きめの文房具店があるので、文房具好きとしては覗かずにはいられず、主人や友人に宛てて手紙を書くためにレターセットを買ったり、さまざまな事柄を管理しやすくするために、同じ柄の2022年度のマンスリースケジュール帳も買いました。

それから創作やブログの進捗を管理するためのノートが欲しかったので、APICAのB5サイズのノートも買いました。

f:id:snowrabbit21:20211015171416j:image


f:id:snowrabbit21:20211015171249j:image

その時に気になっていた、上五島の教会群のステンドグラスの柄を模したマスキングテープも2種類お迎えしました。

趣味的な意味合いもありますが、ここのところアナログノートを書くことが楽しいので、実用も兼ねてのチョイスです。

 

帰省する前には不安感も強かったですし、なかなか思うように自分の時間を作れないストレスもありますが、それでも帰省先の日々にもだんだんと慣れてきたので、残りの三週間余りもできるだけ気持ち良く過ごせるようにしたいと思います。

2021.10.14 視線恐怖症の自分をもてなす

療養のために帰省をしていて、母とは買い出しに出かける程度にしか外出はしていないのですが、今日はそのついでにカフェに立ち寄りました。

ハマツカフェというところで、フルーツクレープセットをいただきました。

f:id:snowrabbit21:20211014161131j:image

フルーツがとっても新鮮で美味しくて、見た目にも華やかな一皿で、心も身体も満たされました。

 

今日のファッションは全身ユニクロでした。

f:id:snowrabbit21:20211014161447j:image

ファッションにこだわりの強い母にとやかく云われるかしらと思ったのですが、ボディラインの出る服も似合いそうと云われたこともあって、帰省前にユニクロで買ったリブハイネックTに、廃盤のレースのタイトスカートを合わせました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

長崎を歩いていると、東京よりも人から向けられる視線を強く感じて、視線恐怖症の身としてはなかなかつらくて、外出もなかなかできずにいます。

それでも決してハイブランドのお洋服でなくても、思い切って自分らしい服装やメイクにしてみると、人から見られても堂々としていられるのだなと気づきました。

もともとこのトップスはSサイズで、ボディラインがはっきり出るサイズ感なのですが、試着してみてそちらの方がしっくりきて、色違いを二着買ったのでした。

そしてメイクも、自分に自信が持てない日々がつづく中、自分にとってのお守りコスメを使ったことで、自信を持って外を歩くことができました。

 

使ったコスメをメモがわりに書いておきたいと思います。

f:id:snowrabbit21:20211014163820j:image

・ラロッシュポゼUVイデア XLプロテクショントーンアップ ローズ

 

・カオリホワイト チェンジ サプライズファンデCCクリーム

 

キャンメイクトランスペアレントフィニッシュパウダーPL

 

これら3つはほぼ変わらずに使いつづけているベースメイクです。

カオリホワイトのチェンジ サプライズファンデCCクリームは透明感が出てとても気に入っていて、病弱な身にも手軽にメイクが楽しめるので重宝しています。

ただUVカット機能がいくらか弱いので、下地としてラロッシュポゼのUVクリームを塗っていて、パウダーは透明感を引き立てる、キャンメイクのラベンダーカラーのパウダーを使っています。

 

EXCELリアルクローズシャドウ チュールスカート(廃盤)

 

クリニーク チークポップ ピンクポップ(限定)

 

EXCELのアイシャドウは手持ちのアイシャドウの中で一番気に入っていて、ずっと使ってきたのですが、そろそろ買い替えないと成分も悪くなっているかもしれないので、同じシリーズでちょっと似ているプラムニットを買いたいなと思っています。

 

また、ここのところ出かけたり、そのためのメイクをすることがちょっと億劫だなと思うことが増えてきていたのですが、先日主人と北野武監督作品の「座頭市」を観て、女形の大五郎さんの美しさに見惚れてしまって、いい刺激をいただいています。

元々私は坂東玉三郎様が大好きで、何度か歌舞伎や舞台に足を運んでいたこともあり、また女形澤村田之助の生涯を描いた、皆川博子『花闇』も好きで何度も読み返していて、女形の尽きない魅力に改めて虜になってしまったのでした。

 

座頭市」の劇中で、姉のおきぬが、橘大五郎さん扮するおせいに「おせいちゃん、お稽古しようか」と云って、おせいが日本舞踊の稽古をする場面があって、身支度をするにも、薬を飲むにも、動きはじめるまでに間がかかってしまう私は、心の中で「おせいちゃん、○○しようか」と語りかけて動くようになりました。

結婚式で付き添っていただいてお世話をしてくださった方の存在がありがたく、そんな風に日頃から世話を焼いてもらったら幸せだろうなぁと思うことがここのところ多くて、そういう自分への言葉がけとして、この台詞を使っています。

泉鏡花天守物語』の富姫や、『海神別荘』の美女なら、そうしたことも日常のものなのでしょうけれど、私は一介の専業主婦に過ぎないので、自分への言葉がけは大事だなと感じています。

 

また「座頭市」の終盤のシーンで、おせいが女形としての生き方の方がしっくりくるという趣旨のことを話す場面があり、女形としての矜持がうかがえて、そのシーンもとても気に入りました。

女形として生きることは、所作から、メイクから、一つも崩さぬように振る舞うことでもあって、日々過ごしている中で美容へのモチベーションが上がらない日々がつづいていた私にとっては、新たなミューズを見出したような思いになりました。

 

思い返せば同棲時代は毎日デート服を着て、ストッキングを夜まで履いて、フルメイクもしていたので、そうした時期が恋しくなることも多かったのです。

その継続はなかなか大変なことではありますが、視線恐怖症だから目立たない格好をしていようと思っていた時期がつづいていたので、むしろ人の目を受けても堂々としていられるように、メイクもファッションも磨いていこうと改めて思うことができました。

 

自分の機嫌を自分で取るという言葉があまり好きになれないので、私自身は普段ほとんど使わないようにしているのですが、そうして自分自身をもてなし、まだまだ美容にも積極的にアプローチしていきたいです。

そうした気持ちで過ごす心のゆとりを忘れないでいたいと思います。

お小遣い貯金、はじめます

療養のため帰省をしている中で、母と話して貯金の必要性を強く感じています。

家計費からの分は毎月天引き貯金をしているのですが、お小遣いの貯金がなかなかできず、貯金をきちんとはじめたいなと思い立ちました。

というのも、お小遣いの額のことを話したときに「随分ともらっているのね」と云われてしまい、その分いくらかでも貯金に回した方がいいなと思ったのでした。

そもそも私にはメンタルの複数の持病があり、保険にもなかなか入れません。

また専業主婦ということもあり、主人に頼りきりなので、いざというときにお金があった方が心強いのはたしかなのです。

 

そこでお小遣いの20%は保険として天引き貯金として貯めることと、それとは別に、さまざまな行事で主人へのプレゼントを贈る際に何かと入り用なので、10月〜4月まで娯楽費として少しずつ貯めることにしました。

ブログや個人的なさまざまな収益には手をつけずに、こちらも娯楽費として貯めておいて、本を買ったりする際に使えればと思います。

現時点ではゆうちょのクレジットカードの引き下ろし口座とは別に、ゆうちょの家計用の貯蓄の口座を持っています。

新たに貯金用の口座として楽天銀行の口座を作ったのですが、そちらはまだ使っていません。この楽天銀行の口座を娯楽費の貯金として使いたいと思います。

ひとまず三菱UFJの口座も持っているので、そちらに個人的な保険のための積み立てをしていこうと考えています。

こうして口座を複数使い分けることや、お給料の20%を貯金に回すことは、横山光昭さんの『年収200万円からの貯金生活宣言』で説かれていました。

今一度読み返してみるのもいいのかなと思います。

また、まだ30代の初めではありますが、老後の資金も今から貯めておきたいところです。

投資などはまだ視野に入れていないので、ひとまず天引き貯金でしっかりと貯めて、残ったお金でやりくりをするという習慣を身につけたいと思います。

帰省中に変えてみてよかったこと

 

起きる時間を決めて、寝る時間を逆算して決める

基本的に実家は夜更かしNG、早起きしなければ叱られる家なので、起きる時間を8:30に設定し、そこから逆算して寝る時間を0時前には眠ると決めました。

それからはほぼそのペースを崩さすに過ごしています。

その効果もあってか、ひどい抑うつに苛まれることも少なくなってきていて、発作は出るものの、比較的体調はいい状態をキープできています。

できれば東京に帰ってからもこのペースを守りたいです。

 

話し相手を作る

母が話好きな性格なので、帰省中はいつも母と話していて、時々疲れてしまうこともありますが、話し相手がいることで抑うつもかなり軽減しているなと感じます。

東京の家ではお互いに部屋に篭りきりになってしまい、話す時間は夕食の時のみということも少なくありませんでした。

とはいえ主人は一人の時間が必要なタイプで、四六時中主人と話すわけにもいかないので、リビングで過ごす時間を増やすことを心がけようと決めました。

私は東京の自室に帰ると途端に病状が悪化するということを繰り返していて、あまり一人で過ごすのが得意ではないのかもしれません。

その点リビングで過ごすと、主人とも顔を合わせやすいですし、私自身はあまり部屋にいることをこだわらないタイプでもあるので、リビングをもっと活用したいなと思います。

幸いにも今回Bluetoothキーボードを買ったおかげで、iPadと組み合わせればどこにいてもでもブログを書く環境が整いましたし、あまりストレスなく執筆できています。

f:id:snowrabbit21:20211006145245j:plain

ゆくゆくはモバイルバッテリーも買って、できるだけリビングで完結できる環境を作りたいです。

そうしてリビングで過ごすことに慣れれば、家事もこれまでよりも捗るかもしれません。

できるだけ自分にとってより良い環境を作れるように整えていきたいなと感じます。

 

歩く

f:id:snowrabbit21:20211008181658j:plain

f:id:snowrabbit21:20211008181635j:plain

帰省してからは歩く機会がぐんと増えて、そのこともメンタルにいい影響をもたらしているなと感じます。

出かけるために着替えたり、メイクをしたりと、身綺麗にもできて美容にもいいですし、なんだか気分も上向いてきているようです。

帰京したらコスメやお洋服などももう少し買ってみて、出かけるモチベーションにつなげたいなと思います。

今はドラム缶式洗濯機で洗えるものを中心にお洋服を選んでいて、プチプラばかりではありますが、母からボディラインの出る服もいいんじゃないと云ってもらえたので、これまでちょっと遠慮していたジャンルのファッションにも挑戦してみたいです。

またここのところあまり履かなくなりましたが、ヒールも本当は履きたいとずっと思ってきたので、この機会に買うのもいいのかもしれません。長距離を歩くには不向きですが、それでもまだ30代なので、履けるうちに楽しみたいと思います。

そうして美容への意識が高まったことも、今回帰省してみて良かったことの一つだなと感じます。

 

起きたら窓を開ける

実家ではマンションの高層階ということもあり、起きたら窓を全開にして空気を入れ替え、ほぼ一日中開けています。

一方私は部屋にこもりがちで、窓は閉め切ったままということが多く、そうして気分もますます滅入るということが増えていました。

最近は外の景色が綺麗な方角の窓はできるだけ開けるようにしていますが、せっかく二面に窓があるので、毎朝空気の入れ替えをして、少しでも気分をリフレッシュさせたいです。

 

さいごに

いわゆる毒親と呼ばれる母のもとで療養生活を送ることに不安もありましたが、行動療法的な、自分の外側からのアプローチでいくらか精神的には安定した日々を送っています。

帰京してからもこの生活で学んだことを活かせるように、こうして書き留めておきたいと思います。

生活のリズムをつけることは、病状によってはなかなか難しいこともあるかもしれませんし、今も家族の目があるから何とか保てているというのが現状です。

自分でも強く意識を持って、この生活リズムを続けられるように励みたいと思います。

ル・コントワール・ド・ジェネルーでディナーをいただきました

療養のため長崎に帰省していて、かねてから母が案内したいと云っていた、思案橋のフレンチレストラン「ル・コントワール・ド・ジェネルー」でディナーをいただきました。

f:id:snowrabbit21:20211010093910j:image


f:id:snowrabbit21:20211010093905j:image


f:id:snowrabbit21:20211010093844j:image


f:id:snowrabbit21:20211010093852j:image


f:id:snowrabbit21:20211010093849j:image

 


f:id:snowrabbit21:20211010093857j:image


f:id:snowrabbit21:20211010093900j:image


f:id:snowrabbit21:20211010093913j:image

前菜からデザートまで創作フレンチの創意工夫が見事で、久しぶりにフルコースをいただいて、心も体も満たされました。

f:id:snowrabbit21:20211010095806j:image

東京の郊外に籠る日々がつづいていたので、こうした場でフレンチをいただくのは本当に久しぶりのことで、少々緊張もしましたが、おしゃれをして出かけるのも楽しくて、いい気晴らしになりました。

手持ちの服を随分と整理してしまったのですが、やはりこうした場にも着ていけるお洋服も大事だなと感じます。

今回はStrawberry Fields のワンピースを選びました。

長崎に帰省して、母の手料理を振る舞ってもらう機会が多く、少々体重も増えてしまったので、帰京したらまた節制の日々に戻りたいです。

ファッションの模索はつづく

療養先の実家で、家事の手伝いをしながら母と話していて、ファッションの話になりました。

私にはなかなかファッションの話をじっくりできる友人がいなくて、30代になってからはドラム缶式洗濯機を導入したこともあり、なかなか手入れに手間のかかるお洋服を買えずにいます。

そして30代という年齢は20代の頃とは違って、女子アナのような格好も少し気恥ずかしくて、何を着ればいいのか分からずにいました。

そうした時にファッションのことにはこだわりの強い母が、30代手前の頃の私の写真を見せて、ボディラインの出る服も似合うのではないかと云うのです。

f:id:snowrabbit21:20211008181912j:plain母は保守的な人なので、そうした服は厳しく咎められそうな気がしていたのですが、そうして云われてみて、ようやく長いトンネルを抜けた気分になりました。

実は先日買ったユニクロのニットもSサイズで、割とはっきりボディラインが出るのですが、ちょっと悪目立ちするかしらと危惧していたのでした。

snowrabbit21.hatenablog.jp

それでもこのニットにタイトのレーススカートという組み合わせがなかなかしっくりくるので、ボディラインが出る服を着続けられるように、30代を通してできるだけ体型の維持に努めたいなと思います。

憧れていたけれど履きこなせないかもしれないと敬遠していたタイトスカートも、もしかしたら着られるかもしれません。

それからこれまではパンツスタイルが多くなってきていて、それも自己肯定感を著しく下げる要因になっていたのですが、母に「あなたはスカートの方が似合うわ」と云われたことも嬉しかったです。

パンツは思い切って処分して、スカートだけで揃えようかなと思います。

ドラム缶式洗濯機で洗えて、気兼ねなく買い替えられるものが良いので、このように楽天などで探すのが一番かもしれません。

snowrabbit21.hatenablog.jp

以前読んだ牧田善二『医者が教える食事術』にも、運動よりも効果があるのは食事術によって体型を維持したり、ダイエットをすることだという趣旨のことが書かれていました。

帰省中でなかなか食事のコントロールがうまくいきませんが、私はできるだけご飯を少なめにしたり、昼食は極力軽めにしたりと、できるだけ体重が増えないような心がけをしています。

元々間食もあまり得意ではないので、勧められればありがたくいただきますが、自分から積極的には食べません。

水も東京にいる時と同じ程度には飲んでいます。メンタルもその方がいくらか安定するので、私にとって浄水のお水は欠かせません。

そうして体重や体型を維持することが今はゲームのようで面白いですし、東京に帰ったらこれまで通り節制をしたいと思っています。

運動はあまり得意ではありませんが、帰省してからは母の買い出しに付き合って、ほぼ毎日4000歩ほどは歩いています。

f:id:snowrabbit21:20211008181658j:plain

f:id:snowrabbit21:20211008181635j:plain
引き続き歩くことをできるだけ習慣にして、帰省中も体型を整えていきたいです。

運動と節制を通じて、少しでも体と心を整えて、無事に東京に帰れるようにしたいと思います。