雪兎の小部屋

病弱専業主婦の日々

アナログノートで体調管理をすることで自分にエールを贈る

PTSDの再燃によるうつの悪化で体調が悪い日がつづいています。

実家も頼れず、病院も予約でいっぱいで受診日まで医師に頼るのもはばかられてしまい、泣く泣くアナログノートに不調の症状を書き出してみました。

f:id:snowrabbit21:20210512145222j:image

そして対処法として何があるかと考えた時に、以前書いたように

・自然音を聴く

・アナログノートに書き出す

はすぐにでもできることとして実践しました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

 

そして今回は過去に書いた記録を見返してみることにしました。

すると4/28にも同じような不調に見舞われていたのです。

f:id:snowrabbit21:20210512144908j:image

この間しばらく空いていますが、この間にも調子の悪い日はつづいていました。

それでもやはり記録として残しておくと、自分の身体やメンタルの弱いところが目に見えて分かります。

私は身体だとおなかが弱く、メンタルだと無気力状態に陥りやすいです。

考えてみれば季節の変わり目にウイルス性胃腸炎にかかったりすることはしょっちゅうで、疲れがおなかの症状として表れているのかもしれません。

また無気力なさなかでもこうしてブログ記事を書いたり、できるだけ家事をしたり、自分なりにがんばってきたのだなぁと改めて感じることができました。

私は自己肯定感がかなり低いのですが、それでも体調の記録を残しておくことで、自分自身へのエールになるなと気づきました。

 

それだけではなく、4/28の記述には『セルフケアの道具箱』に沿って、ストレッサーをできるだけ詳細に書き込んでいました。

セルフケアの道具箱

セルフケアの道具箱

 

詳細はこの本の第三章にまとまっていますが、とにかくストレッサーをこと細かにノートに書き出すことを勧めていたのを覚えていたのです。

4/28の記述を見てみると、どうやらTwitterをやめたことで創作の宣伝力が低下して、評価を受けづらくなることへの危惧や、創作へのモチベーションの維持が難しくなることへの不安が表れているようでした。

 

それでも二週間経ってみて、結果はどうだったかというと、カクヨムの詩集は320PV、♥38を突破し、KDPとして出版してる二冊の散文詩集は何度かお買い上げいただく機会がありました。

kakuyomu.jp 

挽歌-elegy-

挽歌-elegy-

 

罪人の冠を頭にいただき、人の子を惑わしたすべての女の恨みを纏って、私は消えてゆく。
嘉村詩穂の個人詩集。 個人サイト「紫水宮」と主宰している文芸サークルかもめのweb文芸誌「かもめソング」に発表した詩に、書き下ろしを加えた散文詩集です。
耽美主義を掲げ、表題作となった「挽歌」を中心に、主に和風・東洋風の幻想的な詩を収録しています。

-収録作品-
マディソン

逝春(せいしゅん)
よみひとしらず
或神話研究者の最期
挽歌
或楽師の書簡
緋鯉抄
調香師の終末
秋菊
夕波千鳥
秘仏
雪女郎
墨色の使徒

 

真珠姫の恋

真珠姫の恋

 

耽美主義を掲げ、SF・中華幻想・仏教、そして著者のふるさとへの憧憬をテーマとした、第二散文詩集です。
以下の十編の詩を収めています。

-収録作品-
青磁の爪
白狐譚
鶯姫
エリザベート・バートリの末裔
いにしえのうた
最後の手紙
人体標本
真珠姫の恋
補陀落渡り
地獄の白百合

こうして時間が経過しなければ分からないこともあるのだなと感じます。

その時は不安でいっぱいかもしれないし、未来に何ら希望を抱けないかもしれないけれど、時間が応えてくれることもあるのだなと、いくらか気持ちが楽になりました。

 

今後とも何かと不安や抑うつ状態に陥ってしまったり、明るい未来を思い描けずに苦しい想いをすることも多いと思います。

実際にこのコロナ禍でそうして苦しんでいらっしゃる方も少なからずいるのかもしれません。

それでもアナログノートはかけがえのない自分自身との対話の機会でもあり、普段は自責感に駆り立てられてしまう自分の心をなだめる場にもなりうるのだなと感じました。

今後ともさまざまな本を読みながら、アナログノートを活用していきたいです。

うつ病専業主婦の過ごし方とこれからを見据えて

 

はじめに

先週末は両日とも出かけて、いい気分転換になったのですが、同時にとても疲れてしまいました。

医師からはPTSDの治療の一環として家事や外出による行動療法を勧められていて、それを日々実践しています。

しかしここのところPTSDによるうつ病の悪化で、十分に睡眠をとれなかったり、消耗してしまうことも多くて、今一度過ごし方を見直した方がいいなと感じています。

この『よくわかる うつ病』にはそうしたうつ病の過ごし方が書かれていて、参ってしまうたびに読み返しています。

そこで改めて自分にとって楽なことを考えてみようと思います。

 

自然音を聴く

鈴木祐『最高の体調』においてリラックス効果が実証されている自然音を聴くことは自分にも合っていると感じます。

最高の体調 ACTIVE HEALTH

最高の体調 ACTIVE HEALTH

 

 

私が気に入っているのはこちらの三枚で、apple musicで聴いています。

せせらぎ

せせらぎ

  • 発売日: 2007/05/25
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
波~慶良間・久米島

波~慶良間・久米島

  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
虫たちのシンフォニー

虫たちのシンフォニー

  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

PTSDの症状があまりにもつらい時にはひたすらKing Gnuを聴くのですが、消耗が激しいと聴覚過敏の症状が出てロックを聴く元気もなくなってしまいます。

そういう時に自然音は耳にやさしく、作業の差し障りにもならないので助かっています。

 

ひたすらアウトプットをする

インプットをするよりもアウトプットをする方が私にとっては楽で、人と話すことはある意味一番の薬です。

それでも四六時中誰かを捕まえて話しているわけにもいかないので、日中はブログ記事を書いています。

ブログ記事を書くことも私にとっては大事なストレス発散の手段で、体調によっては一日に四本の記事を仕込むこともあります。

そうして文章を書いたり人と話していると、自分の中にわだかまっているものがいくらか和らいだりすっきりしたりするので、私にとってアウトプットは大切な発散の手段のひとつです。

またブログを書くのもいいのですが、アナログノートに自分の絡まり合った思考を落としてほどいていくのも大切な作業のひとつで、moneさんの動画をラジオ代わりにしながらアナログノートを書いたり、図書館でノート術やメモ術の本を借りて学んだりしています。

f:id:snowrabbit21:20210510223654j:plain

www.youtube.com

 私のアナログノートはバレットジャーナルとはまた違って、こちらの本を参考にして作っています。

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]
 

中身などの詳細はこちらの記事にまとめています。

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com

 

インプットは軽めのものを選ぶ

読書が好きな人間にとって、メンタルの不調で小説を読めないというのはそれだけで凹む要因になりますが、そんな自分を励ましつつ、最近は軽めの本を電子書籍などを利用して、さまざまに読んでいます。

孤独になると結果が出せる

孤独になると結果が出せる

 
「書く」習慣で脳は本気になる

「書く」習慣で脳は本気になる

 
NHKラジオ深夜便 絶望名言

NHKラジオ深夜便 絶望名言

 
NHKラジオ深夜便 絶望名言2

NHKラジオ深夜便 絶望名言2

 

 こうした新書や軽めの本は悩みにダイレクトに答えてくれるところが手に取りやすく、また電子書籍は参っている深夜などにもすぐに買って読めるところが利点ですね。

 この記事にも書いたように、電子書籍に救われている部分は大いにあります。

evie-11.hatenablog.com

カサンドラ症候群の本は、発達障害の友人のことで悩んでいる時に買って読みました。

結局距離を置くという選択をせざるを得ませんでしたが、それでも読んで良かったと思っています。

 

物語を読めない時でもとにかく読書をしたいという時に、これまではメンタルヘルスの本を読むことも何かと多かったです。

それはそれで解決の糸口になってはくれるのですが、視点を病から別のものへ移すことも大事なのだなと最近は感じるようになりました。

そういう点でもNHKテキストの100分de名著は理にかなっていて、最近だと『三木清 人生論ノート』を読み、今は『フランクル 夜と霧』を読んでいます。 

不思議なことに、メンタルの病から離れたところに目を向けてはいても、自分の立脚店は揺らがないのか、こうした本が病に寄り添ってくれることも多々あります。

そこからまた新たな知が拓けたり、他の本へとつながっていく喜びを日々感じています。

 

さいごに─今の私にできることを精一杯する─

小説を読めない自分を責めたくなることもありますが、今は自分にできる範囲で読書を楽しんだり、あるいは小説を書けなくてもブログを書いたりしていきたいです。 

以前読んだ又吉直樹さんのインタビュー記事に次のようなことが書かれていました。

harumari.tokyo

10代までは「何者かになれる」と思っていた。しかし「何者」とは、大成功したスーパーな人たちを見て、自分を重ねていることが多い。それが遅かれ早かれ「そんなに甘くない」という現実に気づいてきて、それでも頑張るのか、どこまで頑張ればいいのかを悩む。そのうち結果がすぐ出ないことに苛立って、頑張り方すらわからず絶望してしまうこともある。だから、一旦「やりたいこと」や「なりたい自分」を脇に置いて、ひたすら「できること」に向き合っていく。それは決して悪いことではなくて、むしろ周囲の期待に応えることにつながるわけで、精神的にも経済的にも「自分にできること」の追求には意味も価値もある。

私はそれでも作家という夢をあきらめきれずにいますが、今はできる範囲のことを精一杯やってみて、次へつなげていきたいと考えています。

KDPでの散文詩集の出版もそのひとつです。

挽歌-elegy-

挽歌-elegy-

 
真珠姫の恋

真珠姫の恋

 

 

おかげさまでここのところお買い上げいただく機会があって、大変うれしく感じています。

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com

ゆくゆくはエッセイをKDPで出版すべく、今原稿に励んでいるところです。

どんなに絶望に打ちひしがれたとしても、希望を自分の手で作り出すことだけは忘れないようにしたいです。

その結果が思うようにいかなかったとしても、そこまで歩んできた道は決して無意味なものではないと今は信じられますし、これからもそう信じていたいです。

最近のアメリカ風プレート事情

PTSDからのうつの悪化で、ここのところ消耗する日々がつづいています。

そんな中でもなんとか食べて生きていかねばならないので、いつもより省エネモードでアメリカ風プレートの朝食を作っていただいています。

そもそもの発端はこちら。

evie-11.hatenablog.com

 

使っている器はご祝儀にいただいたNARUMIのフローラルパラダイスで、トレーはムーミンバレーパークで購入した北欧ブランドのB.O.Fのものです。

 

f:id:snowrabbit21:20210510180456j:plain

ハニーバタートストとアールグレイ

 

以前記事に書いた、高山なおみさん風のプレートです。

高山なおみさんは朝食にハニーバタートーストと紅茶を召し上がっておられるようで、その様子は「趣味どきっ! 人と暮らしと、台所」でも紹介されていました。

 元気のない時にはなかなか朝食を用意するのも億劫になってしまいますが、「今日は高山なおみさん風」と思うと少し元気が出ます。

 

f:id:snowrabbit21:20210510180507j:plain

アイスコーヒーと野苺ジャムトースト。

 

不眠による徹夜明けで一歩も動けない状況でしたが、母から送られてきた自家製の野苺ジャムをトッピングしたトーストと、アイスコーヒーで朝食を摂りました。

アイスコーヒーはあまり好きではないのですが、乳糖不耐性で冷たい牛乳を飲めないので、夏場で参っているときはちょうどいいですね。

 

f:id:snowrabbit21:20210510180521j:plain

ハムエッグとバタートースト、アールグレイ

 

これは少し気力があるときに用意しました。

といってもフライパンでハムエッグを作っている間に紅茶を淹れてトーストを焼くだけなのですが、参っているとこの一連の動きがどうしてもできなくなってしまいます。

日々夕食を作ってくれる主人に心から感謝したいですね。

 

f:id:snowrabbit21:20210510180537j:plain

ハムチーズトーストと野苺ジャムのヨーグルト、ルピシアアフタヌーンティー

 

これも消耗している時に用意しました。

ハムチーズトーストは手軽にたんぱく質を摂れるので、弱っているときによく作ります。野苺ジャムはヨーグルトに入れても美味しくいただけました。

 

今後ともあまり調子が上がらない日々がつづくと思いますが、そんな中でもできるだけ栄養を取りつつ、見た目にも楽しいアメリカ風プレートを作っていきたいと思います。

PTSDサバイバーの行動療法としての公園散策

はじめに

先週末と今週末と、公園へ散策へ行ってきました。

ここのところPTSDの再燃からうつの悪化へとダイレクトにつながってしまい、まともに睡眠を取れない日々がつづいています。

日々希死念慮が頭をもたげて、なんとか踏みとどまって耐えていますが、限界を感じることも何度もありました。

そんな中でも主人が誘ってくれて公園へ歩いていくうちに、自然と触れ合って気持ちがすっきりしたり、癒されるのを肌で感じることができました。

医師からもPTSDの治療の一環として、外出やウォーキングによる行動療法を勧められていることもあり、また公園は歩いていける範囲なので、行っても問題ないだろうという認識で主人と一致して、足を運ぶことにしたのでした。

 

5/1

f:id:snowrabbit21:20210508173044j:image

 マジョリカマジョルカ ナイストゥミーチュートランク北半球と、クリニークバレリーナポップでメイクをして、UVケアをした上で、マスクをつけて帽子をかぶって出かけました。


f:id:snowrabbit21:20210508173033j:image

公園の中は新緑がきれいで広々として気持ちよかったです。

外に出るのは久しぶりでしたが、自然の風に吹かれて気分もリフレッシュできました。

何よりアスファルトの道を歩いていると蒸して仕様がないのですが、いったん林の中に入るとなんとも云えない心地よさと涼しさが身体を包んで幸せな気持ちになれました。

 

それから主人が買ったこちらのテントを張ることに。

念のため周囲を確認して、他にテントを張っている人がいるのを確認して、距離を保って張りました。

あらかじめ買っておいたお菓子とジュースをいただきながら話していると、まるで個室にいるようで、ほっとひと息つけました。

f:id:snowrabbit21:20210508173036j:image

それから間もなく天気が悪くなったのでこの日は帰ることにしました。

テントは思ったよりも居心地が良くて、ぜひ今後とも公園でテントを張って楽しみたいなと感じました。

 

5/8

眠れずに徹夜をしてしまって、朝から元気がなかったのですが、Dr.STONE一話を観たあと、amazon prime videoのスクリンセーバーで自然の景色を眺めているうちに、どこかに出かけたいねという話になり、ふたたび公園へ行くことになりました。

f:id:snowrabbit21:20210508173051j:image

excelリアルクローズシャドウ オーロラプリーツとクリニークのパンジーポップでラベンダーメイクをして、マスクをつけて帽子をかぶって出かけました。

 

元々メンタルの調子が悪かったこともあって、すぐに過呼吸が出てバテてしまい、主人が気を遣って所々で休ませてくれたのがありがたかったです。

座るベンチを探してくれたり、飲み物を買ってきてくれたりして、本当に助かりました。

そうして座っていると鯉のぼりが泳いでいるのが見えて写真に収めました。
f:id:snowrabbit21:20210508173040j:image

周囲では親子連れの子どもたちが元気いっぱいにはしゃぎ回っていて、元気のない私も少しエネルギーを分けてもらった気がします。

主人とは距離を保った上で、器の話などをしました。

実際に足を運んで器を観に行きたいねとか、西荻で器巡りをしたいねと話して、コロナ禍の前には当たり前にできていたことができないもどかしさを今さらのように感じました。

 

寒くなってきたので帰ることにして、帰路に薔薇が軒先に咲いていたので写真に収めました。
f:id:snowrabbit21:20210508173047j:image
f:id:snowrabbit21:20210508173030j:image

薔薇も学生時代には新宿御苑など、さまざまなところへ観に行ったものですが、今はコロナ禍ということもあり、また持病もあってなかなか叶わなくなってしまいました。

またコロナ禍が終わったら足を運べるといいのですが。

外に出るとこうして季節感を肌で感じることができるのもうれしいポイントですね。

今年は花の移ろいも早いようで、あっという間に藤も終わって薔薇の季節になりました。

そうして移りゆく花々を実際に見ることで、自分の創作への刺激ももらえますし、何より外出の一番の楽しみはこうして花を愛でることなので、家の中に籠っていては感じられない喜びをかみしめました。

 

おわりに

以前読んだ鈴木祐『最高の体調』にも、自然と触れ合うことは何よりのストレス解消になるという趣旨のことが書かれていたのを覚えています。

最高の体調 ACTIVE HEALTH

最高の体調 ACTIVE HEALTH

 

この週末で自然と触れ合うことのメリットに直に触れることができました。

それまで鬱々としていた気分が晴れて、情緒的にも安心感を得られました。

主治医が行動療法として歩くことを勧めていたように、歩いたことでストレス解消効果もあり、PTSDの症状に囚われずに済み、運動もできて一石二鳥でした。

ここのところスピンバイクを漕ぐのをすっかりサボりがちになっていたので、運動不足の解消にもつながって良かったです。

今はコロナ禍ということもあって、なかなか外出もできませんが、せめて図書館に通うなどして少しでも歩く習慣をつけたいですね。

参っていると外出するのも億劫になってしまいますが、こうして効果を実感できたことで、次の行動へとつながっていきそうです。

まだまだ制約の多い日々はつづきそうですが、行動から心を少しずつ改善させていけるといいなと願っています。

【すみっコ農園】Lv41のプレイ状況

 すみっコ農園、Lv41になりました。

f:id:snowrabbit21:20210505172313p:imagef:id:snowrabbit21:20210505172041p:image

 

そこでアイス屋を作れるようになりました。
f:id:snowrabbit21:20210505172027p:image
f:id:snowrabbit21:20210505172116p:image
f:id:snowrabbit21:20210505172037p:image


さっそく設置してみたものの、アイスには牛乳×1、砂糖×1、クリーム×1が必要です。

ひとまず1000ジュエルは次の訪問イベに備えてとっておきたいので、できる範囲で枠を拡張したものの……。

f:id:snowrabbit21:20210505172021p:image

 

ミルク工房の枠が少ないため、ヨーグルトを作る余裕がありません。

f:id:snowrabbit21:20210505172128p:image

またクリームはクリームパンにも使います。

パン屋ではパンと、パン屋で作るのに必要なパンが実質二倍になるたまごサンド、クリームパンを作らねばならないので、ただでさえ枠が足りていないところに、さらにミルク工房の枠の問題が……。

なかなか頭が痛いです。

パン屋ではうっかりパンをたまごサンドにしてしまうことも多くて、バランスを取るのがなかなか難しいですね。

f:id:snowrabbit21:20210505173959p:image

 

さらにそういう時に限って列車にパンの要求をされるという不運ぶり。

f:id:snowrabbit21:20210505173823p:image

f:id:snowrabbit21:20210505173907p:image

パン屋の仕様はもう少しどうにかならないものかと思っているのですが、さらにあんパンも加わるとなると、もうてんてこまいの忙しさになりそうですね。 

 

また砂糖は足りなくなるという情報を得たので、できる範囲で枠を拡大させています。

f:id:snowrabbit21:20210505172111p:image

今のところ羊羹とアイスだけで使用しているので、今のところはあり余っていますが、今後駄菓子屋で綿菓子やチョコレートなどを作るのかと思うと少々気が重いです。

とにかく常時量産しておきたいですね。

 

現在の生産物はこんな感じです。

f:id:snowrabbit21:20210505172054p:image

とにかくヨーグルトを作る余裕がないのと、パンを量産しても量産してもキリがないのが難点といったところです。

次回のおねだりイベントはなかなかハードになることが見こまれるので、早めに仕込んでおきたいところですね。

 

レイアウトはあまり変わっていません。

開拓が進まないので、建物がぎっちり詰まってしまっていて、もう少し配置を改善したいところです。

f:id:snowrabbit21:20210505172122p:image

 

茶店と甘味処は少々手を加えて改善しました。

f:id:snowrabbit21:20210505172102j:image

以前より雰囲気が良くなってほっとしています。

 

全景はこんな感じです。
f:id:snowrabbit21:20210505172049p:image
やはり工房スペースはまだまだ改善の余地がありそうですし、畑も拡大したいので、全体的にレイアウトをひとつずらさねばなりません。

まだまだスコップが集まらなくてなかなかできずにいますが、全体の調子を整えられるように励みたいです。

簡単連休おうちごはん

今週のお題「おうち時間2021」

 

はじめに

休日はなかなか食事のタイミングが重ならない我が家ですが、連休中は朝も昼もそれぞれ好きなタイミングで摂って、夕食は飲みメニューで一緒に食べるというパターンが多かったです。

方やうつ病でごはんを作れない専業主婦、方や健常者でもやりたいことがたくさんあって食事は二の次な夫という夫婦なので、はじめのうちは休日の食事をめぐってさまざまなストレスを感じることが多かったです。

発達障害の妻と、脳機能障害の夫の日々を綴った『されど愛しきお妻様』を読んでいても、食事を整えることは課題が多いなと感じます。

どちらかに、あるいは両方に障害やメンタルの持病のある夫婦にとって、食事の支度はなかなかハードルが高いですし、そういう夫婦のヒントになるかもしれないと、今回記事にまとめてみようと思い立ちました。

 

朝食・昼食 

f:id:snowrabbit21:20210504171330j:image

ツナトーストとミルクティーの朝食。

この日は著しく調子が悪かったのですが、家にツナ缶があったことを思い出して、マヨネーズと合わせてブラックペッパーを振ってツナトーストにしました。

紅茶はルピシアアフタヌーンティー

たったこれだけの朝食ですが、瀕死状態だと冷蔵庫の前で固まってしまうこともあります。

ツナ缶を常備しておくことでタンパク源を確保できるなと改めて気づきました。

私は何かと卵を使うことが多いのですが、ツナ缶も併用すれば飽きずに済みそうです。

また我が家は主人が苦手なこともあって魚をほとんど食べないので、自分の分だけでも魚の栄養を補給しておきたい時もありますし、そういう時にも缶詰は役に立ってくれそうです。


f:id:snowrabbit21:20210504171338j:image

土井善晴さんのハムエッグ丼。レシピはこちら。

textview.jp

以前ブログにも書きましたが、フライパンとどんぶりひとつで完結するので、まともに動けないときでもさっと作れます。

身体にあまり良くないものはハム以外ほとんど使わないので、メンタルが参っている時でも安心していただけるのがうれしいです。


f:id:snowrabbit21:20210504171343j:image

疲れていても作れるのがうれしいかんたんごはん。

材料は卵とチーズ、めんつゆと小ネギだけで、トースターで5分弱加熱するだけで完成します。

レシピはこちら。

cookpad.com

冷蔵庫の中身からあれこれと思索を巡らせて料理を作るのは、病状の如何によってはうつの人間にとってハードルが高く感じることもあります。

そういうときでも簡単に作れて美味しくて、タンパク源も摂れるのがありがたい一品です。

 

f:id:snowrabbit21:20210504171153j:image

絹ごし豆腐と食べるラー油、小ネギの丼。

即席で材料を組み合わせてその場で作った代物ですが、絹ごし豆腐に食べるラー油がよく絡んで、リピ確定と云いたいほど美味しくできました。

食べるラー油は主人が大好きで冷蔵庫にはいつも入っていますし、豆腐も常備しているのでいつでも作れる手軽さがありがたいです。

だんだん暑くなってきたので豆腐は冷たいまま使いましたが、冬場はレンチンして温めると年中いただけそうです。

 

夕食

お昼の時間がまちまちなので、夜は軽めに飲むスタイルが多かったです。

とにかく手抜き万歳で、あり合わせのものをスーパーやコンビニで買ってきてお皿に盛るだけ。

f:id:snowrabbit21:20210504171729j:plain

コンビニのお寿司とトマトとキュウリ。

最近はじめたのが野菜で飲むというスタイルで、私はノンアルしかいただけませんが、もろきゅうの美味しさは飲まなくても感じられます。

何より暑くなってきたこの季節の生野菜は本当に美味しいです。

江國香織きらきらひかる』に飲む際に野菜を用意するシーンが出てきますが、ちょうどそんな様子で飲んでいます。

きらきらひかる (新潮文庫)

きらきらひかる (新潮文庫)

 

 

f:id:snowrabbit21:20210504171721j:plain

スーパーであり合わせのソーセージやピザ、出来合いのサラダを買ってきて並べた夕食。ものの5分ですべてが整います。

夕食担当が主人ということもあって、彼の負担をいくらかでも減らせればその方が私のメンタルにも良いですし、こうして器に盛っていただくといくらかでも気分も変わってノンアルコールが進みます。

 

f:id:snowrabbit21:20210504171725j:plain

5/3は私の提案でホットプレートで焼き肉をしました。

焼き肉だけではなくお好み焼きを作ることもあるので、何かと役に立つホットプレートを買って本当に良かったと思います。

スーパーのお肉でもちょっと上等なものを選んで、主人が下ごしらえをしてくれたので、いつもより美味しくいただけました。

 

おわりに

一汁三菜を週七日作らねばというプレッシャーに負けて、コンスタントにごはんを作れない私に代わって主人が夕食を作ってくれるようになって三ヶ月ほどが経ちます。

今のところ互いにとってさほどストレスを感じることなく過ごせているなと実感します。

主人がごはんを作ってくれるようになって、「こういう手の抜き方でもいいんだ」と新たな発見がありました。

主人も料理をするのが億劫な時には適度に手を抜いて、私が簡単な調理をすることもあるので、そうしてほどほどに自炊と付き合っていければと思います。

朝食を作ることで朝の時間を整える

私は自炊が苦手です。

うつでコンスタントに作れないので、今では主人が食事の担当になっています。

それでも朝食と昼食は自分でなんとか用意しています。

特にここのところハマっているのが、BANANA FISHの影響で作りはじめたアメリカ風朝食プレート。

詳細はこちらに書いています。

evie-11.hatenablog.com

BANANA FISH 復刻版BOX (vol.1-4)

BANANA FISH 復刻版BOX (vol.1-4)

  • 発売日: 2018/06/08
  • メディア: コミック
 
BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版)
 
BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 3(完全生産限定版)
 
BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 2(完全生産限定版)
 
BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 4(完全生産限定版)
 

 

もともとBANANA FISHの影響でアメリカ風に紅茶をマグカップでいただくスタイルにしようと決めて、パンと卵料理を合わせた簡単な朝食を作っています。

紅茶はミルクティーをいただくことが多いです。

f:id:snowrabbit21:20210502180657j:plain

チーズ入りスクランブルエッグと、ルピシアユニオンジャック

 

f:id:snowrabbit21:20210502180707j:plain

マーマレードジャムトーストとハムエッグ、ユニオンジャック

 

f:id:snowrabbit21:20210502180717j:plain

ツナトーストとルピシアアフタヌーンティー

使っている器はご祝儀にいただいたNARUMIのフローラルパラダイス、トレーはムーミンバレーパークで購入したB.O.Fのトレーです。 

 

 

 

 

はじめはBANANA FISHのアッシュの面影を少しでも身近に感じたいという想いでしたが、うつ病で低血圧の人間にとっては、寝起きに朝食を整えるのもなかなかつらいときもあります。

時には簡単に卵かけごはんで済ませることもありますし、最近は土井善晴さんのハムエッグ丼や、カルボナーラ丼を作って手軽に済ませることもあります。

f:id:snowrabbit21:20210502181338j:plain

textview.jp

f:id:snowrabbit21:20210502183158j:plain

cookpad.com

それでも身体が動かないわりにちょっとがんばって朝食を整えられると、それだけで気持ちも少し前向きになります。

特に今はPTSDの再燃で、主治医からも家事をするようにと勧められているので、朝食や昼食を作るというのは一石二鳥でもあるのです。

はじめは推しのためと思って朝食を作っていたのですが、回り回って自分のためになっているのだなぁと感じて、それだけでいくらか気持ちが楽になります。

 

どんなに不調でも、どんなに無気力でも、やはりごはんを作って食べるという行為は生活の根底を支えているものなのだなと感じます。

以前、NHKの趣味どきっ! のテキストで『人と暮らしと、台所』を読んだ時に、山﨑宏・山﨑瑞弥さんの特集ページで、次のようなことが書かれていました。

 台所って、灯台みたいな場所だと思うんです。灯台って海がしけていても、なぎのときも明かりがともっていて、船の安全を守ってますよね。台所も同じ。家族が元気なときもそうでないときも、仕事が順調なときも疲れ果ててるときも、台所に明かりがついていれば「今日のごはん、なんだろうなぁって楽しみになるな、と」。p72

 

「お母さんひとりでがんばりすぎると疲れちゃうので、灯台守はそのときに余力がある人がやればいいと思っています」と瑞弥さんが話す横で、宏さんがうなずきながら、おかずの準備を続けています。灯台が機能するには灯台守がいなければなりません。台所もしかり。ここを守る夫婦がいるからこそ、おいしいごはんが食べられ、健やかでいられるのです。p72

 台所に立つことは私は苦手なのですが、それでも灯台としての台所を守りつつ、気持ちがめげそうな日も、たとえ簡単なものであっても料理をつづけたいと思います。